小布施のジャズ喫茶 BUD

♪日々好音の米蔵空間で薫り高い神戸萩原の炭火焙煎コーヒーを♪

『蓄音機音楽会』~SPレコードコンサート~第1回

『蓄音機音楽会』
~SPレコードコンサート~
第1回
ジャズ『ブルーノート』
記念すべき最初のブルーノート盤は1939年(昭和14年)1月6日
ミード・ルクス・ルイスのソロピアノ8曲、アルバート・アモンズのピアノソロ9曲
2人のデュエット2曲の計19曲のレコーディングから始まりました。
第1回発売は19曲の中から4曲、片面5分の12インチSP盤BN-1とBN-2だった。

演奏レコード
BN-1 ミード・ルクス・ルイス 1-A 『メランコリー』/1-B『ソリチュード』
BN-2  アルバート・アモンズ 2-A『ブグウギ・ストンプ』/ 2-B『ブギウギ・ブルース』
その他

bluenoteSPコントラスト補正





使用する蓄音機
米国ヴィクター社ヴィクトローラVV-8-9  1928年製
英国グラムフォン社HMV157 1928年頃製

◎入場無料 定員20名 要ご予約

日時 2018年2月18日(日) 午後5時30分~6時30分
場所 小布施 coffee&jazz BUD(バド)026-251-4033

主催 『le son』SPの会

  
 

音を聴く「最高の音」

好きな音楽を最高の音で聴きたい。
現在持っているレコードやCDを
もっといい音で楽しみたい。
そう思ってまず考えるのは、
オーディオ装置機器のグレードアップだと思う。
さて、そこで問題になるのが予算ですね。
その前にどうグレードアップするのか、
どういう音にしたいのかイメージを持つことが大事。
イメージが決まったら、経験豊かで欲のない人に相談すること。
その上で予算は決まってくるはずです。
大事なのは欲張らないこと。 
アップして、良くなったなあと思ったらよし。
気持ちよく楽しめてこそ音楽。
いつまでも音に引っかかっていてはいけませんよ。
これが今聞ける最高の音なんです。
ここからは余談ですが、
掛けているレコードの音が今ひとつと思ったら、
もしそのレコードが復刻盤だったら、
一度オリジナル盤を聴いてみてはどうでしょう。
ひょっとすると、最高の音は最高の音質のレコードから
始まると、気がつくかもしれませんよ。

音は電気信号が波動になりスピーカーから聞こえてきますが、
その源流にあるのはレコードです。
レコード盤をダムに喩えれば、ダムに貯まった水は音楽。
ダムの水質はレコード盤の音質、その品質の良否は、
スピーカーから出てくる音の良否に影響します。
音楽と音にとってレコード盤という元がいかに大切か、
それはときに機器以上です。
 


 

音を聴く「音楽の力」とは

音楽は多少の思い出を残しながら消えていく。
強い感動さえ時がたてば薄れていく。
僕、あるいは人は音楽になにを求めているのだろうか。

たまたま今読んでいる本にこんな文章がありました。
岡田暁生著「クラシック音楽とは何か」
『日常への定住を拒む力-これこそ音楽が私たちに与える希望の力の源泉だと思う。
旅は今も昔も危うい。何が起きるかわからない。危険に満ちている。 
もし怖い目に遭うのが嫌であるなら、旅になど出ず、家の中でじっとしていればいい。
しかし家にこもってばかりいて、外の世界が消滅した日常の中で惰眠をむさぼっている者に、
「希望」はないであろう。自分が住む世界の「外」を見てみたいと思うことこそ「夢」であり、
あちらにあるのがここよりもよい世界であるかもしれないと考えることが「希望」であるとするなら、
翻ってこちらの世界を少しでもよいものにしようとすることは日々の生の活力にもつながるであろう。
音楽に-昨今流行の言い方をすれば-「癒やす」力があるとすれば、それはこのような意味においてである。家にいながらにして、まるで安楽椅子に寝そべり、受け身でマッサージを受けるようにして音楽に耳を傾ける者に、決して音楽が本来持っている「癒やす力」は与えられないと私は確信している。』

力強い言葉です。
ですが僕は「寝そべりながら派」なので、 
力を抜いて次へと読み進みました。
もちろん外の空気を吸いにいく旅は好きです。
それもできるだけ安全で景色が良く美味しいものがあるところへです。

じゃああんたはナンデ音楽聴いているのと聞かれれば、
受け身で時間から逃避している、というほかありません。 
無為の時間から心を守る隠れ家の役割を担っているとも言えます。
人は本能的に無為を避けたがりますからね。
だから無為を避ける行為に人は走る。
パチンコ、テレビ、そして音楽もまた。
これらはみな時間を忘れさせる伴走者なのだと思う。

となれば音楽とは、日常を安定させるものだと思うのです。
 

音を聴く「tone sense」

普段Mさんとお呼びしているその人は、
オーディオでいざ困ったときお世話になる、
掛かり付けの医者のようなオーディオドクターです。
ドクターの役割は正確な診断と処置 による回復作業。 
信頼されるには技術や経験はもちろんですが、大事なのは見識です。
Mさんを信頼する理由はそこにあります。

さて、音楽をどんな聴き方で聴いているかというと、
それはそれ人様々ですが、僕が聴いているのは演奏家の音。
僕にとって音楽を聴くという行為は、音楽の全てに
演奏家が出しているtone senseを『聴く』ことです。
いい演奏はtone senseの共有にあります。
レコードとオーディオのサウンドクオリティは、
tone sensenをより良く反映していることが基本で、
それ以上のサウンドクオリティを『聞き』たい気持ちはあまりありません。

いつだったか演奏家のtone sense 、その波長を感知するセンスについて、
Mさんと同じ思いでやりとりしたことを憶えています。



音を聴く「耳利き」

この器なかなか良いね。
あなたって目利きね。

この演奏とても良いね。
あなたって耳利きね。
ん、いや左利きだよ。 

目利きというのは審美眼 (美を識別する能力)を持っている人。
その能力をさらに高め確かな審美眼を身につけるために、
「本物をたくさん見なさい」とはよく言われること。
 
そもそも「美とは」何かと問われれば、
お金や優劣とは無縁のところにある「豊かさ」だと思う。 
人はそれぞれ独自の鋭い感覚を誰も持っているものだ。
それは音楽だったり料理や美術に対してだったりする。
感覚という収集器で日々集められたら情報の集積という経験を通し、
審美眼は信じられる能力になっていく。
このようにして美を内に感じられるようになることが、
人の内面を豊かにするのじゃないだろうか。 

いい音楽をたくさん聴いて「キキモノ」になりましょう。
 

音を聴く『今年も』いい音楽を

ジャズ喫茶をやっているからといって、
ジャズばかり聴いているわけではありません。
いいなあと感じ、面白いなあと思うものは何でもござれです。
僕はコルトレーン世代、その時分は分かろうが分かるまいが、
したがって分からないまま、しゃにむにひたすら
ジャズなるものに向かい合っていました。
1965年から1975年頃までのことです。
分からないながらも50年以上聴き続けてきたのは自分でも不思議です。
どこか心にある空白を他ではないジャズで埋めていたのかもしれません。
しかし、年を取り最近は若い頃聴かなかったものを聴くようになりました。

それはまず老若問わず未知なる分野への好奇心から始まるものです。
若い頃は今様に夢中になるのが成り行きというものですが、
年を取ると今様は自然と離れこちらに近づいてきません。
そこに年取った好奇心の空白は年代を遡り、
歴史と伝統を猟歩し始めるのです。
さあ、1940年代から30年、さらの20年代へ。
心浮き立ついい音楽を聴きに行きましょう。



今年もよろしくお願いいたします

旧年中は大変ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年はSPレコードによる『蓄音機音楽会』を企画します。
どうぞご期待ください。 

今年の字『北』

今年の字は『北』か。
それってアカラサマでオモシロくもナントもない。
想像力がフリーズしている。
ユーモアの ユの字もカンジられない。
『北』って北朝鮮のことでしょ。
そのどこが今年の字になってしまうのか?
安部政権がやたらに鳴らすアラートを字にしているだけじゃないの。
いやいや深読みしてみると、
国民に
『背』を向けて人権(個人)軽視憲法を目論んでいる安倍のことかも。
そうだとしても『北』はどうにも寒々しい。
それならいっそのこと『来』っていうのはいかがでしょう。
ミサイルが『来』
国家破産が『来』
いずれにしても不安が付きまとう心理現象に変わりはありませんね。
それを払拭できないどころか煽っている無為無策無責任社会日本。
こういう時こそ、あるべき姿を映す 『字』を選んでもらいたかったね。
しかし、それで国民が同じ方だけしか見ないことになるのもなんだなあ。
やっぱり頼るのは自分自身てことか。
それには勉強して判断力を付けるしかないけど、
それが一番健全かもね。


 

年末年始の営業

        年末年始の営業は下記の通りです

12月25日(月)定休日
   26日(火)
定休日
   27日(水)定休日
   28日(木)営業
   29日(金)営業
   30日(土)休業
   31日()休業
 1月 日(月)
定休日
    2日(火)
定休日
    3日(水)
定休日

    4日(木)より通常営業

 
よろしくお願いいたします。

   





音を聴く「モーツァルト」は・・

星が瞬くように、雪が舞うように、
風がそよぐように、せせらぎのように、
森羅万象 が囁くように、
心の風景が雲となって流れるように、
音の糸が紡がれていくように音楽は現れてくる。
そしてサラサラと譜面になっていく。
モーツァルトは人間の苦悩を清らかにするフィルター
として、この世に使わせられたのでは・・。
すべてを引き受けた意識もなく、
苦悩も苦労も努力の 痕跡などどこにも見あたらない。
人間的天才が作るものを超えて、
ただ全き音の世界(福音譜)をこの世にもたらした。


記事検索