小布施のジャズ喫茶 BUD

♪日々好音の米蔵空間で薫り高い神戸萩原の炭火焙煎コーヒーを♪

音のメインラインアップ
SPU-A/RMG309/GARRARD301/WE618B/WE120B/WE124E/VITAVOXS2.AK147.WE7A/A7BOX

秋色

いよいよ秋も深まり里山は紅葉の絨毯に。
紅葉の名所は数々あれど、今は近所が名所。
午後からは寒波襲来の強い北風に、
紅葉が音を立てて舞い飛びました。 

小布施 新生病院 

IMG_0283
 
IMG_0298
 
IMG_0280
 
IMG_0282
 
須坂 坂田山
IMG_0319

IMG_0332

IMG_0321

 須坂 芝宮神社
IMG_0343

IMG_0349

IMG_0370

秋色

IMG_0312

IMG_0397


 

トランプショック

クリントン有利 というアメリカでの世論調査に反し、
総得票数では上回ったが選挙人獲得数で及ばず、
トランプがアメリカ合衆国第45代大統領になることに。
政治歴、軍歴ともにないものが世界第一の大国アメリカの
大統領になるのは初めてのことだという。

今回のトランプ雪崩を起こした投票心理の基底に、
アメリカ人は両候補者に対して、肌でどのような感情を抱いていたのか。
朝日新聞に米市民12名の声が掲載されているのでいくつか紹介します。
先ずトランプに投票した人から。
その1。
クリントンは不正に満ちている。
またクリントン一家がホワイトハウスに戻るのだけは嫌だった。
誇らしいわけではないが、鼻をつまんでトランプ氏に入れた。
その2。
既存の政治家にはうんざりしていた。
政治家が内輪の論理で動かす政治はもうたくさんだ。
その3。
メディアや首都ワシントンにはびこるエリートたちの腐敗を断ち切って
くれると思った。
結び。
これはそのまま日本にも共通するのではないか。
日本の政治を左右する官庁・経団連・政治家たちの癒着と腐敗、
その不正を国民の立場と目線で徹底追求しないマスコミ。
多くの日本人もうんざりしているが、それがいつ我慢できない怒りとなるか。
クリントンに投票した人は。
差別や恐怖や憎しみをあおるような発言を続けたトランプは、
まるでヒトラーのようだ。
クリントンがなってアメリカが良くなるとは思わないが。
本当はバーニー・サンダースに投票したかった。
第3党リバタリアン党に投じたひとは。
クリントンは政治の世界で、トランプはビジネスの世界で
腐敗しきった人たちなので選びようがない。
結び。
既成の利権政治は議会も変えないと大統領だけでは打破できない。
人の振り見て我が振り直せ。
どういう社会を築いたら良いか、日本人一人一人が考えないとね。
ま、そんなところでしょうか。

ハイキング~信州須坂米子の滝~

信州須坂「米子の滝」を巡ってきました。
須坂市内から車で、途中から狭いが舗装された道を
走って約40分で駐車場に着きます。
ここからなだらかな山道に入り、不動滝を直下より見上げ、
権現滝を樹間から眺め、最後は奇妙滝を見る周遊コース。
途中後半にある高台は米子鉱山跡地。
ここは不動・権現滝二条が目の前の岩壁を流れ落ちる
絶景のヴユーポイント。
この後、あずまやで休憩し下山した。
晩秋の陽をたっぷり浴びながら、のんびり午前中の
3時間余りをゆっくり歩いてきました。

IMG_0029


IMG_0053
 不動滝

IMG_0057
 権現滝 ここだけが近づけない

百年前、岩壁を間近に見据える台地に生活し硫黄鉱山で
働いていた人は錦繍に縁取られた岩壁のキャンバスに左右二条の滝を
見たとき、この景観はまさに天上の楽園と思ったことでしょう。

IMG_0122

IMG_0088

IMG_0106
 右 不動滝  左 権現滝 標高1400m

IMG_0156
  奇妙滝

11月1日(火)、紅葉は駐車場の手前1000m付近が見頃で、
1500mちかくある鉱山跡地付近は終わりかけていました。

IMG_0211
 1000m付近

IMG_0112
 1500m付近

IMG_0126

この日は未明の小雨が上がった空に薄日が差し、
天候は徐々に回復しやがて青空が大きく広る。
しかし秋晴れは安定せず、午後は北風の襲来と共に、
山間はあっという間に濃いガスにのまれてしまった。
幸運なことに、この急変は下山し車に乗り込んだ後だったので、
悪天候の洗礼は受けずにすんだ。

 

音を聴く「美しさ」について

例えばブラームスのヴァイオリン協奏曲。
曲の良さに惹かれ何人もの演奏家で聴いてみたくなる。
その中からより自分好みの演奏がみつかる。
それはデザインに惹かれた服を作るとき、
服地の色、模様、材質が自分にピッタリ合ったものを選ぶのと同じ。

好き嫌いは理屈ではない。
自分でも説明つかない感性感覚が無意識に働いて、
直感的に各人各様に判断している。
とはいうものの大ざっぱでも何らかの判断基準はありそうだ。
これは好き、何故って美味しいから。私に似合うから。
これは嫌い、何故って不味いから。
ここには何かしら美しいものを求める気持ちが現れている。
少なくも食べたときいやな雑味が残らないものが美味しい。
これは人に会ったときの人間味にも共通する。
そしてそれは演奏家の音にも言える。
音の響きに含まれるテンポや強弱の付け方は演奏家の心情。
その音が、澄んだ雑味のない音色として耳に残るとき、
そこに美しさがある、と感じるのだと思う。

Ginette Neveuの演奏にそうした美しさが秘められている。
Fritz Kreisler,Jascha Heifetzは加えて気品と風格がある。
就中、流麗なることHeifetzに並ぶ者はいない。

ハイキング~岩菅山~

大型台風18号が沖縄に接近中の3日月曜日、
天気の具合を見て途中から引き返してもいいじゃないか、
との合意の上、曇り空を仰ぎながら出かけました。
8時、奥志賀高原焼額スキー場の麓、聖平登山口1535mから
標高差760mの頂上へ出発。

RIMG1278

RIMG1293

荒板沢からノッキリを経て、11時、岩菅山頂上2295m着。

RIMG1328

RIMG1333

登頂の30分前頃からポツポツ降り出した雨に心配して、
避難小屋での休憩もそこそこにレインウエアを着込み、
下山を急ぐことに。
休みなく少し急ぎすぎ、下山間際には足がつりそうになってしまった。
幸いにその後雨脚は強まることなく、
11時30、無事登山口に着いた。
山も人生も下り坂は適度にブレーキを掛けながらと反省。
帰途、角間温泉に浸かり汗を流した効果あってか、
意外にも翌日に疲れは残らなかった。

紅葉には未だ少し早かったが、
秋を感じさせるキノコなどを見つけることができた。


RIMG1309

RIMG1307

RIMG1298

RIMG1313

RIMG1335

 

高橋竹山~津軽三味線コンサート~

高橋竹山~津軽三味線コンサート~  満席御礼

2016年9月18日(日)
小布施町 バド
19時開演 18時半開場
チケット4,000円
定員40名先着順

竹山
 

ハイキング-雁田山-

一汗かきに小布施の里山「雁田山」へ。
今日も朝から強い日差しのきびしい残暑。
その日差しも樹木に囲まれたコースには届かず、
樹間を吹き抜ける風に汗が涼しかった。

10時05分 岩松院登山口から登る。標高差約420m。
10時25分大城物見台着、給水。
11時10分 頂上(千僧坊)標高782.7m着、給水し10分休憩。
12時05分岩松院登り口着。所要時間2時間。

この時期は足を止め見る花はなく、
きのこ(はないぐち)が何本か出ていたぐらいだった。
今日は頂上から東尾根には行かず、登りをそのまま引き返した。
下から眺めると頂上へ向かう尾根はさほど急には見えないのだが、
降りてみると結構な斜度があり登り疲れた脚には楽ではなかった。
ゆっくりながらもこの勾配を1時間余りよく登ったと自分に関心。
ついでながら疲れた脚での降りには十分注意することを銘じた。

RIMG1246
岩松院から頂上と東尾根

RIMG1242

RIMG1243

音を聴く~シンプル イズ ベスト~

カルーソーが大きな朝顔型の集音器の前に向かって
マイクなどなく突っ立って歌っている。
そんないとも殺風景な録音風景の写真を見たことがあります。
このように電気を使わない録音をアコースティック録音とか、
ラッパ録音と呼んでいます。
1900年頃から1924年ごろまでですから100年前の録音です。
録音された当時のSPを機械式の蓄音機で聴くと、
歌声の生々しさに思わず鳥肌が立つ感動を覚えます。
乾ききった喉に沁みる山の清水のようなものです。
しかし今、このような新鮮極上の生々しい歌声が録音された
当時のSPが保存良く残されているのは稀です。
そのため、これらをLPやCDにできるだけ忠実に復刻する
努力が続けられています。
そこでです、復刻されたSP原音は、
できるだけ忠実に再生したいと思いませんか。 
さて、そのための道具ですが・・・
先ず第一に機械式蓄音機。
LPやCDになってもSPの音は蓄音機に回帰しましょう。
これをプレーヤーとしてではなく、ホーンスピーカーとして使います。
LPやCDの音をどうやってそこから出すかですが、
蓄音機に付いているサウンドボックスに換え、
ソガフォンという小型スピーカーを取り付けます。
あとはプレーヤーとアンプですが、種々試行して音の違いを
自分の好みに合わせ完成です。

ちなみに現在は以下の組み合わせを楽しんでいます。
CDプレーヤー:SONY D-2
アンプ:VintageJoin
蓄音機:DECCA 型番不明

IMG_0004

文を読む~聴けばわかる~

チンさんこと鈴木良雄さんがジャズの本を出しました。
タモリが付けた帯のタイトルは“聴けばわかる” 
タモリさんはジャズに解説はいらない派?
そのタモリさん、チンさんの言っていることは“聴けばわかる“ と。

チンさんのベースは“ブン ”と鳴った瞬間、ジャズの音がする。
音楽にはジャンル固有の音があると思う。 
チンさんの音は天性だと思う。習って出せる音ではない。
そんなジャズの音を出せる穐吉敏子さんの音は暗めだが、
チンさんの音は明るい。

さて、選ばれた55枚のアルバムにコメントしたその内容は、
プレイヤーにしてコンポーザーであるチンさんらしく、
素人には気がつかないプロの耳と音楽理論で、
聴き所ポイントをヒョイと掬ったようにわかりやすく教えてくれる。
首をひねるようなヒネッタことはひとつも言っていない書いていない。
それで“へーそうなんだ”と。
これって言うは易いけど本当に難しい。
随所にチンさんの感性と、これまた天性の優しさが織りなす
ジャズ愛に満ちた一冊です。

『人生が変わる55のジャズ名盤入門』 鈴木良雄著
竹書房新書041 1000円
2016年2月11日刊
 

RIN アルパソロライブ

RIN アルパソロライブ

2016/06/19() 開場17時30分 開演18時

場所 小布施バド 入場料 2500円(ドリンク付き)

IMG

記事検索