小布施のジャズ喫茶 BUD

♪日々好音の米蔵空間で薫り高い神戸萩原の炭火焙煎コーヒーを♪

ハイキング-雁田山-

一汗かきに小布施の里山「雁田山」へ。
今日も朝から強い日差しのきびしい残暑。
その日差しも樹木に囲まれたコースには届かず、
樹間を吹き抜ける風に汗が涼しかった。

10時05分 岩松院登山口から登る。標高差約420m。
10時25分大城物見台着、給水。
11時10分 頂上(千僧坊)標高782.7m着、給水し10分休憩。
12時05分岩松院登り口着。所要時間2時間。

この時期は足を止め見る花はなく、
きのこ(はないぐち)が何本か出ていたぐらいだった。
今日は頂上から東尾根には行かず、登りをそのまま引き返した。
下から眺めると頂上へ向かう尾根はさほど急には見えないのだが、
降りてみると結構な斜度があり登り疲れた脚には楽ではなかった。
ゆっくりながらもこの勾配を1時間余りよく登ったと自分に関心。
ついでながら疲れた脚での降りには十分注意することを銘じた。

RIMG1246
岩松院から頂上と東尾根

RIMG1242

RIMG1243

音を聴く~シンプル イズ ベスト~

カルーソーが大きな朝顔型の集音器の前に向かって
マイクなどなく突っ立って歌っている。
そんないとも殺風景な録音風景の写真を見たことがあります。
このように電気を使わない録音をアコースティック録音とか、
ラッパ録音と呼んでいます。
1900年頃から1924年ごろまでですから100年前の録音です。
録音された当時のSPを機械式の蓄音機で聴くと、
歌声の生々しさに思わず鳥肌が立つ感動を覚えます。
乾ききった喉に沁みる山の清水のようなものです。
しかし今、このような新鮮極上の生々しい歌声が録音された
当時のSPが保存良く残されているのは稀です。
そのため、これらをLPやCDにできるだけ忠実に復刻する
努力が続けられています。
そこでです、復刻されたSP原音は、
できるだけ忠実に再生したいと思いませんか。 
さて、そのための道具ですが・・・
先ず第一に機械式蓄音機。
LPやCDになってもSPの音は蓄音機に回帰しましょう。
これをプレーヤーとしてではなく、ホーンスピーカーとして使います。
LPやCDの音をどうやってそこから出すかですが、
蓄音機に付いているサウンドボックスに換え、
ソガフォンという小型スピーカーを取り付けます。
あとはプレーヤーとアンプですが、種々試行して音の違いを
自分の好みに合わせ完成です。

ちなみに現在は以下の組み合わせを楽しんでいます。
CDプレーヤー:SONY D-2
アンプ:VintageJoin
蓄音機:DECCA 型番不明

IMG_0004

文を読む~聴けばわかる~

チンさんこと鈴木良雄さんがジャズの本を出しました。
タモリが付けた帯のタイトルは“聴けばわかる” 
タモリさんはジャズに解説はいらない派?
そのタモリさん、チンさんの言っていることは“聴けばわかる“ と。

チンさんのベースは“ブン ”と鳴った瞬間、ジャズの音がする。
音楽にはジャンル固有の音があると思う。 
チンさんの音は天性だと思う。習って出せる音ではない。
そんなジャズの音を出せる穐吉敏子さんの音は暗めだが、
チンさんの音は明るい。

さて、選ばれた55枚のアルバムにコメントしたその内容は、
プレイヤーにしてコンポーザーであるチンさんらしく、
素人には気がつかないプロの耳と音楽理論で、
聴き所ポイントをヒョイと掬ったようにわかりやすく教えてくれる。
首をひねるようなヒネッタことはひとつも言っていない書いていない。
それで“へーそうなんだ”と。
これって言うは易いけど本当に難しい。
随所にチンさんの感性と、これまた天性の優しさが織りなす
ジャズ愛に満ちた一冊です。

『人生が変わる55のジャズ名盤入門』 鈴木良雄著
竹書房新書041 1000円
2016年2月11日刊
 

RIN アルパソロライブ

RIN アルパソロライブ

2016/06/19() 開場17時30分 開演18時

場所 小布施バド 入場料 2500円(ドリンク付き)

IMG

オーボエとヴァイオリン デュオコンサート

オーボエ 藤井貴宏   ヴァイオリン 高山紗絵子

日時 2016年4月7日(木)
    18時30分開場 
    19時00分開演

場所 小布施BUD

料金 3,500円

チケット申し込み 小布施BUD 026-251-4033 (木~日 11時~17時)


713-monka-1-01
 

音を聴く~ジョン・コルトレーン~

ジョン・コルトレーンはモダン・ジャズの到達点です。
60年代始め、彼方の光を信じ一人荒野を踏み出しました。
光に向かって全身全霊で自分を捧げました。
その結果、あらゆる現代音楽の頂点に達しました。
自分はどこから来てどこへ向かうのか、音楽で自問自答しました。
圧倒的な音で自分の疑問に立ち向かったのです。
そして、神から祝福される人になったのです。
幸運にも僕は66年に、新宿厚生年金ホールで
コルトレーンの演奏を聴き、音の洗礼を浴びました。
壮絶な叫びにも似た音は光の洪水になって全身に入り
体中を巡りました。
感動を越えた放心状態でホールから出た記憶は、
50年を経た今でも心深く鮮烈に刻まれています。 

音を聴く~第二楽章~

第二楽章はアダージョで作曲されることが多く、
緩やかに演奏され歌謡風の情感豊かで美しいメロディーが特徴です。
音楽という宝石箱にそっと置かれた美しい宝石のような旋律に、
うっとり聴き惚れない人はいないでしょう。
愛するものへ万感の想いを込めた優しさと慈愛に満ちた第二楽章。
いっとき現実を忘れ、空想の世界に誘われるロマンチックな第二楽章。
モーツアルトやベートーヴェンのピアノ・ソナタ第二楽章は、
その美しさ故についここだけリピートして聴いてしまうことが度々です。
モーツアルトのピアノ・ソナタ K570の第二楽章だけが収録された
ウイリアム・カペルの演奏を聴きながら・・・ 

音を聴く~ショパンのマズルカ~

ショパンの音楽はおしなべて、どこかそこはかとなく愁いを帯びている。
どんな曲を聴いても愁いは底に流れている。
憂いを帯びた色調が空中を漂っている。
そんなショパンの望郷の旋律は琴線を震わす。
数ある曲の中でもマズルカは郷土色豊かな色彩と陰影を持っている。
各地各家庭で漬け込まれた漬け物や郷土食の味わい深さを持っている。
風土のざわめきと匂いが感じられる。 
そこに培われた伝統と暮らしの中から生まれてきた民謡のようなマズルカ。
マズルカはポーランド人の魂の一部になっているようです。
旋律から遠い先祖の記憶がふっと顔を出す。
分割と統廃合を繰り返してきたポーランドの歴史。
誰もがマズルカを口ずさみ、誰か故郷を想わざる。 
ポーランド各地に伝わる舞曲の総称としてのマズルカ。
それは方言のような愛すべき地付きの旋律。
僕としては洗練された美しさより、いくらか地の訛りを感じさせる
ポーランド味の演奏が好きです。
ショパンが行った演奏はどんなものだったのでしょう。

「故郷の訛なつかし停車場の人ごみの中にそを聴きにゆく」 啄木

曲の解説は下記のサイトをご覧ください。
 http://www.asahi-net.or.jp/~qa8f-kik/chopin/Mazurka/

音を聴く~音の芯~

古いものには味がある。
古いものは風格がある。
人も今の人より昔の人の方が中身が濃い。
今の人より昔の人が出す音は一途で集中度が高い。
今に伝わり残る名人の録音は心打たれる演奏が多い。
帯域の狭い音だが心に強く訴える力がある。
音は人なり人は音なりの音は、
しっかりとした芯のある音で聴きたい。
音の栄養分を水で割らない音。
強く引き締まった響き。
1900年代から50年代に録音された音はそう要求する。
そうした音だと演奏家が目の前に現れるからだ。
それにどう再生したらいいか。
SPは盤を蓄音機で聴くのが本来の音だが、
CDに復刻された音をどのように再生したら生々しくなるか。
答えはいくつもあると思うのだが、
試した中で一番良かったのは、
蓄音機専用スピーカーのソガフォンをHMV101に取り付けた音です。
それは音の核心と呼ぶにふさわしい再生音です。 
あら不思議、アラジンのランプから魔神が立ち現れるごとく、
HMVから演奏家の姿が見えてくるではありませんか。

 ソガフォンはドライバー、HMVはホーンスピーカー。
IMG_0007
 
 レコードまたはCDプレーヤーからアンプに、そしてソガフォンに接続。
IMG_0010

 

春の訪れ

春になりましたね、すっかり暖かくなって明日はお彼岸。
うれしいような、こんなんでいいのかなあと思ったり。
地球上に天変地異が起こる周期に入っているということだし、
政治家の倫理道徳だって乱れていて、
こういうのって時を同じくするもんなのですね。
それで、ことしの春はちょっぴり複雑な気持ちです。
そんな気持ちを忘れさせてくれるのは自然の恵み美しさ。
春の花に心がなごみます。
雪割草と梅の花です。


IMG_0014


IMG_0016


IMG_0013


 
記事検索