小布施のジャズ喫茶 BUD

♪日々好音の穀蔵空間で薫り高い神戸萩原の炭火焙煎コーヒーを♪

音を聴く「オーディオの基本」

オーディオとは録音された音を再生すること一般をいいます。
ここではレコード盤再生についてお話します。
音楽鑑賞用の商業円盤レコード制作は約100年の歴史があります。
それに合わせ再生機である蓄音器も同時に作られました。
 音楽の録音と再生は時代の最先端技術であるとともに、
人間が持っている最高度の感性と知性の結晶といえます。
それは今も100年前も変わりありません。
100年前に録音されたSP盤の音は、
100年前の蓄音器の再生音で完結しています。
これ以上のハイファイ(高忠実度再生)はありません。
つまり「オーディオの基本」とは、
録音された時代に合致した再生機器で聴くという事にほかなりません。
古いものには古いものでということなのですが、
古い再生機器に新しい録音のレコードは窮屈(高低域不足)でも許容できます。
ですが、新しい再生機器で古いレコードを再生すると腑抜けて(中域不足)しまいます。
これをわかりやすく料理にたとえて言うと、
高音と低音はダシとスパイス、中音は素材そのものの旨みとなります。
かくして、一つのセットで100年間の録音全てをレコードであれCDであれ、
録音時の音そのままのように再生できないのが、
ハイファイオーディオの悩ましいところです。
さて、蛇足になりますが、ジャズにはJBLがいいとか、
英デッカ盤にはデッカのカートリッジが合っているとかetcは、
さらなるものを求める個々の趣味性になると思います。
とにもかくにも再生された音とどう向き合い聴くか、
それはもう全人格をかけて演奏している音楽家の演奏音の響き、
その波長 に自分の感性が合うか 否かということだと思います。



 

音を聴く「SPの衝撃」

〈Kさん宅で〉
新しいソガフォンでSPを聴く機会に同席させてもらいました。
ソガフォンを装着した蓄音機はHMV101と102。
使い分けは概ね101は機械録音用で102は電気録音向け。
プレイヤー に付いたカートリッジはクリスタル型。
これで音を拾い真空管アンプで増幅しソガフォンを鳴らす。
ソガフォンから出た音はHMVのホーンで増幅されることになるが、
電気(パワーアンプ)を通すので 、
力強く硬めで刺激的になるのはやむを得ない。
1時間余り聴いた後、LPのステレオ盤を大型スピーカーで鳴らす。
聴いた途端、音の濃さの違いに唖然とする。
SPの音が耳元からずっと奥まで詰まっていて、
LPの音は耳に届いてこない。
スピーカーがパクパクしているように見える。
かくもLPとSPではパンチ力に差がありすぎて勝負にならない。
みんなも「マイッタなあ」と呆れ顔。
今度は順序を間違えないようにしよう!と一致したのだった。

 

初冬の寒・観・感

12月になると「今年も終わりか、早い一年だったなあ」
という思いに毎年おそわれる。
なにゆえか師走は心が走る。
今朝は放射冷却で6時の気温ー2℃。
ウォーキングで登った鎌田山から
白銀の北アルプスはピンクに染まり、
草は霜を置いて白髪を装い、
初冬の風情を景していた。

IMG_0001
 

IMG_0002


IMG_0009

音を聴く「スカルラッティのソナタ」

音楽はほとんどレコードとCDで聴いているが、
その大半は手持ちのもので新たに買い求めたもは少ない。
それでもその全部を聴いているわけでなく、
しかもある程度は傾向が決まっている。
中にしばらく聴いていないものを引っ張り出して、
結果として処分を決めることもある。
あるいはその良さにやっと気づかされるものもある。
今日聴いたクララ・ハスキルの「スカルラッティのソナタ」は、
まさにそんな一枚だった。
こうした気付き、ささやかな発見との出会いは、
音楽を聴く喜びの一つになっている。
それは考古学者が長年保管していた骨が、
恐竜のものだと気がついた瞬間に訪れる感動に似てる、かな。
ハスキルは演奏と曲の素晴らしさを同時にもたらしてくれた。
そこで、手持ちの中から「スカルラッティのソナタ」を
アリシア・デ・ラローチャとマルセル・メイエで聴いてみた。
たおやかなラローチャ、きっちりとしたメイエ、個性が際立つ二人。
ともに好きなピアニスト。





音を聴く「心で聴く」

先日、バドで蓄音機を聴いたときのこと。
クラシック、ジャズ、歌謡曲、シャンソンなど、
それぞれ持ち寄ったSPを楽しみました。
その中に、3種類の「テネシーワルツ」がありました。
パティ・ペイジ1950年録音、ジョー・スタッフォード1951年録音、
江利チエミ1952年録音 のSPです。
聴いた感想ですが、僕はジョー・スタッフォードの洒脱なジャズフィーリング
が好きだなあと漏らしたところ、Kさんは江利チエミが好きだというので、
意外だなと思っていると、
「一生懸命さがなんともいえずとてもいい」とおっしゃる。
Kさんの音楽好きは自他ともに認めるところですが、
いつも心で感じたことを大切にして、
正直な気持ちで聴いているんだと、
微笑ましくも感心してしまった。
趣味はこうでなくっちゃね。
 

今日の出会い「白土三平」

座右の書はないが、読み終わってもしばらく
棚に置いておきたい、という本はある。
白土三平著「土の味」「風の味」はそんな本です。
この本の魅力は、素晴らしい写真とともに紹介された、
海浜山野の労働現場で採られ作られた
「生(き)の味」にあるのはもちろんですが、
それと共に氏の味わい深い文章も楽しめるところにある。
一言で言えば文明の進化と野生の退化、
人間も自然の一部という当然の真理を忘れ、
気づかずに生活していることに対する地に着いた洞察です。

IMG_0001

最近こうしたいい顔に出会わなくなりましたね。


今日の出会い「モーツァルトと即興演奏」

フリードリヒ・グルダ
モーツァルト 「ピアノソナタK.545」
モーツァルトは当時、最高のピアニストでもあった。
その演奏は、美しい音の技術と共に、
即興演奏によって人々を魅了し人気を博した。
即興演奏の面白さを聴衆は 求め評価した時代だった。
彼が亡くなったとき、ウィンー子はモーツァルトのピアノを、
もう聴くことができないと悲嘆に暮れたという。
(そこを埋めるように現れたのがベートーヴェンだった)
ウィンー子が聴いていたモーツァルトの演奏 を
聴くすべはないが、当時の熱狂を再現できるような
音楽家が出現しないものかと、朝から夢を見てしまった。 

ジャズの醍醐味 トミフラ「オーヴァーシーズ」

トミー・フラナガントリオの「オーヴァーシーズ」は
紛うことなくジャズの醍醐味を聴かせてくれる。
小気味よくスウィングするトミフラの心地よいピアノ。
脇を固めるリトルの分厚いベース。
そして縦横無尽、思いのまま奔放にブラシを振るうエルビンのドラム。
これはもう実にスリリングなライブ感覚に浸るような気持ちになる。
エルビンがブラシワークで叩き出すビビッドな躍動感は、
底知れぬパワーを秘め、時にマグマのように噴き上がり突き上げる。
ブラシが生き物のようにドラム上を跳ね踊り、
そして叩かれ弾かれた音もまた、
生き物のように地を這い空中で舞う。
かと思えば、エンディングにシンバルが震える繊細さはどうだろう、
エルビンの息遣いが音になって聞こえてくるようだ。
ドラムから命ある音を引き出せたのはエルビンをおいていない。
ジャズが第一級の芸術であることは、このアルバムを聴けば肯けると思う。

 

臨時休業のお知らせ

誠に申し訳ございませんが、
10月29日 日曜日
臨時休業いたします。


総選挙を前にして

22日は 総選挙。
日本の行く末が決まります。
安倍は頭が悪い個人的な劣等感の屈辱を晴らし、
自己の優位を確立せんがために、
抑圧的な政策を実行しようとしている。
今まさに、国民はその犠牲になりつつある。
恐らく安倍が先導し扇動する空っぽの泥船に、
大多数の空っぽの人が乗り込み、
日本は沈んでゆくのでしょう。
あまり気持ちのいい風景ではありません。
年老いてそんな日本に立ち会うとは思っても見ませんでした。
バカな選択を見届けるのは悲しく腹立たしいことです。
対抗軸がフガフガニヤニヤした前原のような者しかいないのでは、
どうしようもありません。
唯一良かったのは枝野幸男がリベラルの核心になる可能性をみせたこと。
次の選挙までに大きく成長して欲しいものです。
 
記事検索