小布施のジャズ喫茶 BUD

♪日々好音の米蔵空間で薫り高い神戸萩原の炭火焙煎コーヒーを♪

音のいいポータブルCDプレイヤー 続

具体的にPCPDの機種名を揚げる前に、
使用している線材、アンプなどを記しておきます。
アンプはLepy、SMSLのデジタルアンプ。
シールド線はウェスタンのコンソール配線材(ポイント!)。
スピーカーコードは電話用単線(100円/m以下)
ライントランスはケースバイ・ケースで
ウェスタン101、197Aを使用。
スピーカーはRCA、JANSENのフィールドタイプなどです。
ポイントになっているシールド線の効果は、
音にバリがあるというのもおかしな言い方なんですけど、
ウェスタンのコードを使うと音のバリというか、
(分かりやすくオーバーにいうと)
ささくれ立った感じが少なくなるように聞こえます。
(たぶん気のせいでしょうが)
PCPDの音質はイヤフォンが最も判断しやすいように感じますが、
据え置き型に替えてメインに使ったときの音を比較する目的なので、
以上の周辺機材で判断します。
では、次回からいよいよ機種をあげて試聴の感想を記します。
完動品とはいえ全て中古品なので、また部品交換もしていませんから、
(交換したくも技術がなくできません)
当初の音質とは違っているかもしれませんが。

レファレンスCDはソニー・ロリンズの『サキソフォンコロサス』
ジョン・コルトレーンの『ブルー・トレーン』
RVGリマスター盤。

 

音のいいポータブルCDプレイヤー(PCDP)

音のいいポータブルCDプレイヤー(PCDP)にハマッた!
コトは蓄音機(HMV)にソガフォンを付け、
https://www.youtube.com/watch?v=wIbfSc4ey8U
デジタルアンプでPCDPを使って主に(SPの復刻)CDを
聴いたことに始まる。
コンセントからの電気を必要としない蓄音機と
乾電池で駆動するPCDPはどこでも簡単に鳴らせる!
この利便性もさることながら、SPの音をCDでソガフォンを通して、
1時間近くも面倒なく(SP盤は3分でしかも針交換)、
蓄音機の音で楽しめるのは大きな喜びだった。
そこで、使用するPCDPの音質が問題になった。
先ず聞かされたのは2000年を境にして、
その頃より前のもののほうが音がいいということ。
さらに四角張った形状のものは、さらにいいということ
も教えてもらった。
ならば、それを求めずにおられましょうや!
しかし、今もちゃんとなるものはあるのか?
なにしろ15年以上も前の製品なのだから。
それでも頑張って?幾つか見つけ買うことができた。
果たしてその音やいかに・・・それは続編で。

機種選定するに当たっては『
スタフ屋 ポータブルCDプレーヤー関係
http://www.sutafuya.net/pcdptop.html
が大変参考になりました。
この場を借りて運営者の右京崇さんに御礼申し上げます。
 

海野雅威トリオを聴いて

バドで行われた海野雅威トリオのアンコールは
僕がリクエストしたマイルスの名作『マイルストーン』を演奏してくれた。
これは今やモダンジャズのクラシックといって過言ではないスタンダード。
速いテンポでテーマからアドリブへ一気呵成に突き進むタッチは熱を帯び、
バドは小布施からニューヨーク・マンハッタンへ空を移動してしまったかのよう。
それほどに見事な演奏が終わった瞬間、
なんともいえない感動の余韻が居合わせた人たちの
心に漂いバドの空間を包んだ。
なんという幸せな瞬間の訪れと誰もが感じたことだろう。
この余韻のまま帰途について頂きたかったのだが・・・

今回のライブの素晴らしさは、始まりから最後に至るすべてに、
片時も倦むことがないダイナミックな集中力とリリカルな美しい響き、
そして何より内からあふれる綿々とジャズの音を求めて止まない
音楽家の気持ちがライブならではの近さで伝わってきたことだ。
エシェットのベースとジョナサンのドラムは技量が高く、
三者の距離感が適正に保たれ、海野さんの個性と調和して、
トリオとしての一体感が素晴らしかったことも特筆に値した。
本当にお金と時間をかけて聴くに値するライブだったし、
海野さんはジャズマンとして一家を築いた。
そう思えた瞬間に立ち会えたことも大きな喜びだった。
これから益々の活躍を期待し楽しみに見守っていきましょう 。

IMG_0010
 

海野雅威トリオ

  海野雅威トリオ 
   2015/11/11(水)19時スタート
     小布施 BUD  026-251-4033
    
     IMG
 

『たぁくらたぁ』No37 アベ政治を許さない


IMG_0001

オラも思うだよ、「許せねえって!」アベ政治はよ。
3本の矢、あれは国民を愚弄するだまし絵だよ。
マジメ腐ってあんなこというなんて、天才ペテン師だねえ。

 

栂池自然園 2015/09/29

20数年前は車で栂池自然園前の駐車場まで行けたっけ。
そのときは自然園には入らず、白馬乗鞍岳から白馬大池に行った。
そんなわけで今回初めて自然園巡りをしてみました。
標高2000mの紅葉は5分といったところか。
白雲の切れ目から日が差すと紅葉は光る輝き、
一段と鮮やかに美しくなった光景に目を奪われっぱなし。
高低差100mの園内をくまなく一周すること約5時間、
飽きることなく疲れを忘れ歩けた。

IMG_0059


IMG_0067


IMG_0075


IMG_0095


IMG_0114


IMG_0115


 IMG_0133


IMG_0159


IMG_0163


IMG_0205


IMG_0222


近藤しろう作陶展

近藤しろう作陶展2015

IMG
IMG_0001


 

小布施の秋は栗の秋 「バドのマロンケーキ」

秋の陽は斜めに奥へ差して、見るものの心へまで
届いてくるようです。 
朝取りの燻蒸していない美味しい小布施栗を茹で、
ほっくりした良い香りの実をくりぬき、
裏ごしして作る風味豊かなマロンケーキは今だけの味覚。
今年も作りました。
どうぞご賞味下さい。 

IMG_0010
 

ときにはハッキリと・・・

そうだね ときにはハッキリと
そうだよ たまにはキッパリと
言ったていいんじゃない
主権者なんだもん
小さくとも静かにでも
そっと声に出してみる勇気
そっれって義務なのかも

喚かんでも心静かに
ハッキリと安倍政治はきらいだと
キッパリと安倍政治はいやだと

そう言ってもいいんじゃない
声にするって勇気がいるけど
そうするって主権をもつものの
義務なのかもしれないよ

敗戦で日本の軍事はアメリカに手足を縛られた。
新安保で手足は解かれたが首に縄を掛けられた。
そしてアメリカの手綱のままに戦争に引きずり込まれる。
覇権の片棒を担ぐ虎の威外交が勢いづく。
 

山口幹文『一管風月コンサート』

山口幹文『一管風月コンサート』
2015年10月17日(土)
小布施 BUD
開場18.30 開演19.00
3,000円
IMG
IMG_0001
 
記事検索