小布施のジャズ喫茶 BUD

♪日々好音の米蔵空間で薫り高い神戸萩原の炭火焙煎コーヒーを♪

2013年08月

メロディヤ( Melodiya)レコード

レーベルはレコードの顔。
メロディヤも時代と共に種々様々な顔を持っています。
ロシアはなんて素晴らしい芸術の国なんだ!
というオドロキでメロディアの顔(レーベル)を紹介します。

Pre-Melodiya盤  MELODIYAの字体がないレーベル。
SP盤をLPにしたものからLP初期で再生帯域はせまい。
後期になるとしっかりとした抜けのいい中域が素晴らしい。

RIMG9710

RIMG9709

RIMG9708

RIMG9716

RIMG9712

RIMG9714

RIMG9711

RIMG9707

RIMG9715


Melodiya盤

ピンクレーベルはメロディアを代表する抜けのいい高音質盤。

RIMG9718


新旧を通してメロディヤの音色は色付けが少ない。
雑味のないスッキリとした抜けの良い音は聴きやすい。
このロシアの美的センスには大変好感を持っています。

参考サイト
http://echoes01sapporo.sharepoint.com/Pages/melodia.aspx

司馬遼太郎~街道をゆく~2

日頃、人生は日々好日にして日々更新、
日々吉日であったらいいなあと思っています。
その心は、くよくよせずに、よりよい明日という
可能性を希望にして生きていきたい。という気持ちです。
人生最後の日は大安吉日で終わりたい。
そうです、いくつになっても思い立ったが吉日。
毎日吉日という種を蒔いて、やりたいことをやって、
人生の花を咲かし続けられたらどんなにいいでしょう。

さて、日韓日中はよく歴史認識で問題になりますが、
よりよい明日のために歴史を学び、自分なりの歴史観を
持つことは、国民の常識として言うまでもなく大切なことです。
司馬さんはこんなことを言っています。

~韓(から)のくに紀行~から
 明治のころ、日本の東洋学の学者で朝鮮史に関心をもつ多くが、日韓同祖論という気分であり、喜田貞吉などはその代表的な存在であった。日本にコンパスの針を置くことさえやめれば、大きい場所で私はいまでもこれらの考えがまちがっているとは思わないが、しかしこの種の学説は朝鮮人を決してよろこばさなかった。
 その機微は、朝鮮人の立場に立って考えてみればわかる。日本よりも古い時代から堂々たる文明と独立国を営んだ歴史をもつ朝鮮人にとって、漢文用語でいう東海の島夷(日本)が、にわかに偉そうぶって、「お前たちとおれたちとは先祖は同じだよ」どうだ、うれしいだろう、という態度でいったところで、誰がよろこぶか。
 

テッカイだ!ゴカイだ!

平和憲法で選ばれた安倍首相が
独裁者になって憲法改正するのだ!
ナチス政権下の手口にならってこっそり静かに、
いつの間にか変わってしまったかのようにな。
この本音は誤解を生んだので撤回しまーす。
安倍さんご心配おかけして誠に申し訳ございません。
記事検索