小布施のジャズ喫茶 BUD

♪日々好音の米蔵空間で薫り高い神戸萩原の炭火焙煎コーヒーを♪

2013年11月

長野県出身の写真家展

昨日、北野カルチュラルセンターで行われている
長野県出身の写真家展をみにいきました。
http://www.kitano-museum.or.jp/cultural/

22名の写真家の写真は各々3点と少ない数でしたが、
大変見応えのあるものばかりで、活躍分野の作品を通して
作家の個性がよくわかる展示でした。

中でも文明の悲惨悲劇をヒューマンな眼で写したドキュメント
吉田一法「森永ヒ素ミルク」
中村吾郎「ベトナムの枯れ葉剤」
樋口健二「原発事故現場」

阿智村の今のずっと撮り続け2010年101歳で亡くなった
熊谷元一「阿智」

無意識にしまわれた記憶が浮かんでいるような
野澤廣「浮遊する記憶」

などが印象的でした。

千曲川丹波橋付近で
IMG_0055

IMG_0062






初雪

急な寒さで昨日から今日にかけみぞれ混じりの初雪が舞い
今朝は紅葉半ばの前の山(標高500m)がうっすらと白くなりました。
山田温泉(標高800m)から下ってきた車の屋根には20cm程の雪が、
今年はこの調子だとタイヤの交換を早くしないとならないようです。
IMG_0068

昨夕、長野市街からの菅平
IMG_0066

音楽の喜び

昨日お借りしたDVDはウィーンフィルのニューイヤーコンサート。
1992年カルロス・クライーバー指揮によるものです。
今朝、何はともあれ顔も洗わず早速見てみました。
それはもう楽しいの一言につきます。
クライバーの指揮ぶりと音楽の楽しさが一体となった映像を、
観衆と共に拍手を重ねホールの雰囲気を感じながら、
ワルツやポルカを心ゆくまで聴いて楽しむことができました。
これぞ音楽の喜びなんだなあ、と思いながら。
それにしても21年前は今よりずっとゆったりしていたことを
このDVDを見て感じました。
わずか21年なのに、この間の年月の流れは速くなるばかり。
自分の年のせいもあるけれど、スピードにより価値を求める時勢
の反映が時間を短く感じさせ、時代を早く動かしているのかもしれない。
過去には争乱の巷から山間へと隠れ、城館へ身を置いた
賢者がいたが、はたして現代の賢者は時代のスピードから
離れられる場所はあるのだろうか。
せめてもの答えは、退職後に自家菜園と共に生きる、
ささやかな晴耕雨読の日常の中にあるような気がするのだが。
もちろん賢者とはいわれずとも。

SLOW AND LOWを実践できる者こそ現代の賢者なのかもしれない。

紅葉

今日は予報通り雨降りで歩けず。
小布施まで来ると体育館のサクラが紅葉してキレイ。
ちょうど雨が小止みになったので車から降りて
写真にとってきました。

IMG_0017

IMG_0011

ここから東にまた少し色を増した雁田山がみえます。
IMG_0001

バドの庭木も紅葉がきれいになりました。
ヤマボウシ
PB103308

PB103299

ナツツバキ
PB103309

ブナ
PB103307

PB103305

今日はエドウィン・フィシャーのCDを

今日はエドウィン・フィシャーのCDをザックに入れ、
小布施まで歩く空は雲に覆われ時雨模様。
CDはベートーヴェンのピアノソナタ7・8・30番。
8番は大好きな曲のひとつ。
そう、今朝は寒気が入った冷え込みでフロントガラスに霜が張り、
歩く頃は消えて露滴がリンゴや草に残っていた。
この冷え込みで里山も庭木も一日で色づきを増している。
歩きながらリンゴの樹を見ると、
リンゴ農家のお客さんが話していた通り
今年は成りが小さいようです。

里山はすっぽり雲に覆われて
IMG_0001

IMG_0015

IMG_0004

IMG_0005

IMG_0021

今日の散歩のお伴は

今日の散歩のお伴にはミケランジェリのCDをザックに入れて。
ベートーヴェンのピアノ協奏曲五番、指揮はチェビリダッケ。
この第2楽章は最も好きな音楽のひとつ。
さて、カメラを忘れず小布施まで、
ただチョッと目に止まったものを写しながら。

ニラの種
IMG_0002

東の空に雲はなく
IMG_0028

西の空に浮かんだ雲の下は飯縄山
IMG_0029

黄色いシナノスイートと赤いフジ
IMG_0025

紅葉し出した里山(雁田山)
IMG_0041

松川の土手はいつもの散歩道
IMG_0049

11月霜月

11月は霜降り月、今朝は晴れ放射冷却によって
3度まで気温が下がった。
小布施まで歩く空は青く澄んで雲一つない。
しかし遠く北アルプスは霞がかってよく望めなかった。

フジの収穫が始まり忙しくなる農協の選果場。

IMG_0017

リンゴ畑のフジがたわわになって赤い肌が陽に輝いている。

IMG_0019

背後に霞んでいるのは飯綱山と黒姫山。

IMG_0033


今日は霜が降ったのだろうか、青草は露を置いて濡れている。
枯れていくものも咲きにおうものも秋の陽に気持ちよさそうだ。

IMG_0066

IMG_0050

CDを耳に撮すものに目を配りながらあっという間に小布施に着いた。

新雪の白馬三山

今朝、新米をもらい受けに白馬へ。
7時過ぎ、雲が取れ少し白くなった白馬三山の
姿を眺めることができました。
台風が去った後の冷え込みで里にも二回ほど
雪が降り、冬が近くなってきた白馬です。

IMG_0008
記事検索