小布施のジャズ喫茶 BUD

♪日々好音の米蔵空間で薫り高い神戸萩原の炭火焙煎コーヒーを♪

2013年12月

年末年始の営業予定

今年も一年大変ありがとうございました
来る年が皆様にとってよき年になりますよう
心からお祈り申し上げます

年末年始の営業と休業予定は下記の通りです

12月30日(月)休業
12月31日(火)休業

1月1日(水)休業
1月2日(木)休業

1月3日(金)から通常営業いたします



       

初積雪

今朝7時頃の積雪は20cmほど、
そしてまだしっかり降り続いている。
この量だと雪かきをしなければならない。
少し重い雪だけど、この程度ならまだらく。
3連休でスキー場はホットしていることでしょう。

雪をバックにオトコヨウゾメの赤い実が目立ちます

PC213357

東京丸の内ぶらぶら

友人との忘年会で東京へ。
待ち合わた時間まで余裕があったので、
東京駅丸の内仲通りを有楽町から銀座までぶらぶらと歩いてみた。
ビルが建ち並ぶ仲通りの両側は有名高級衣料品店が軒を連ね、
大きなガラスウィンドウの内側に商品が飾られていて、
色・形・材質の良いオシャレな品々をウィンドショッピングするだけで楽しそう。
この通りは2車線ほどの道幅が一方通行になっていて歩道も広く歩きやすい。
暗くなると並木に単色のイルミネーションがほどよい明るさで点り、
丸の内高級オフィス街にあって落ち着いた大人の通りを演出していた。
思わず高級を連発してしまったが、それほどにこの地区の佇まいは
銀座にもない、表参道にもない雰囲気を漂わせていて、お上りさんは
会員制の丸の内仲通り倶楽部に紛れ込んだような気がしてしまいました。
こんなちょっとした気後れの場違い観もやっぱり高級と縁がないからですかね。

IMG_0167

IMG_0171

クリスマスツリーも見事でした。

IMG_0108

IMG_0126

IMG_0148

IMG_0160

ジャズライブが終わって

今が旬という言葉がピッタリな【BIG CHTCH】の
楽しい!!!!ライブが無事終わりました。
始まりからアンコールが終わるまで、
すばらしい演奏を聴いて盛り上げてくれたお客さんと、
ミュージシャンの熱演に心から感謝です。
才能ある四人のさらなる成長と益々の活躍を
期待し祈りつつ、いつの日か再会できることを。

IMG_0035

IMG_0038

IMG_0059



初雪

降り始めとしてゆるやかな初雪の朝。
冷え込みもそれほどではありませんから、
降っては消えて路面を濡らしています。

今日はバドのジャズライブ。
この雪も午後には止みそうですが、
曇り空で気温は上がらず寒い一日です。

演奏者の皆さんは昨日の公演地富山の高岡から
こちらへ来られます。高岡はみぞれのようですが、
経由してくる上越高田あたりでは雪になっているようです。
無事着くことを祈っています。

IMG_0024


床屋談義

その場で思いついた話題をたわいもなくペチャクチャと、
男の井戸端は床屋の椅子で交わされる。
須坂の中澤理容店のご主人中澤光男さんとは、
ハサミが入る前から終わるまでなんだかんだと話がはずむ。
中澤さんは大変な器用人で水彩画と版画で絵心があると思えば、
時計、ラジオ、ストーブなど故障すると分解し部品を新しくして修理してしまう。
休みは絵具とオプティマスのストーブをもってサッと一人で山に登る。
かと思えば孫にといって、木を削りだして蒸気機関車の本体、車両、線路、
駅舎まで手作りしてしまう独創性の持ち主なのです。
そんな彼を尊敬していつも楽しい会話をして帰ってくるのだが、
今回はいつも来られるジャズライブの話から、
「オレ最近ジャズよりクラシック聴いているよ」といったら、
「クラシックは聴いて飽きないね、なんといってもベートーヴェンはいいね」
「あの時代、王侯や教会のための音楽から、人間のための音楽を
ベトーヴェンは作った。それが共感を呼ぶんじゃない」
なんて話しも次回はすっかり忘れているだろうな。
それが井戸端・床屋談義のイイトコなんだね。

楽しみなジャズライブ

《BUD JAZZ LIVE 【BIG CATCH】浜崎航with松本茜》
間近に迫ったライブはいよいよ12日木曜日。
発売されたCDを聴いて期待している方もおられるようです。
ジャズはスウィングともいわれているように、
その魅力は、演奏曲の【リズム】と【メロディ】に合わせ、
思わず身も心も揺れ弾んで聴く音楽です。
そして心に迫るジャズの音色【ブルース】
しかしCDそのままに音符をなぞった演奏はジャズではありません。
なによりもジャズがジャズと言われる所以は、
千変万化するスリリングで熱気あふれる【即興演奏】にあるのです。
今回はどんなジャズを演奏してくれるか本当に楽しみなライブです。

BUD JAZZ LIVE 【BIG CATCH】浜崎航with松本茜

BUD JAZZ LIVE 【BIG CATCH】
日本人離れしたブルースフィーリング!
洗練されたストレートなモダンジャズのプレイをお楽しみに!

IMG
IMG_0001

あの山の向こうは雪国

「午前中、飯山以北は雪になるでしょう。」
これからの季節、長野県北部の天気予報は
このようにアナウンスされることがしばしばある。

右に見えるあの山、高社山(高井富士)の向こうは雪国。
北へ飯山・栄村・津南(ここから新潟)・十日町・小千谷へ、
一里一尺と積雪が増す豪雪地帯が信濃川沿いに続いている。

IMG_0003

冬型の気圧配置が強まると、たとえ小布施に陽と青空があろうと、
あの山の向こうは暗い雪雲に閉ざされてしまう。
中野市と飯山市の境に位置し、まるで防雪堤のごとき役割をなし、
これがあるため中野市以南は雪が少なくなり助かっている。

今日はフランスの女性ピアニスト、イヴォンヌ・ルフェビュールのCDを

パッと差した陽に「歩かにゃ損」との誘いを受け、
今朝は冷え込みがなく暖かいわいと、
歩き出した途端に汗ばんできたが、それも途中までだった。
そよそよと吹いてきた北風が以外と冷たく、
汗ばんだ体から熱が奪われてヒンヤリし始めたので、
これはマズイと歩足を早め小布施に向かった。
案の定、北風の向こうは曇り空で、いつの間にか陽は雲隠れ。
気圧配置は明日から冬型。

今日はフランスの女性ピアニスト、イヴォンヌ・ルフェビュールのCDを
ザックに入れ、ベートーヴェンを聴きながら。
しっかりとしたタッチながら優しく柔らかく穏やかで美しい。
こういうピアノを聴くと幸せになる。
そして何回でも聴きたくなる。
ピアノソナタ32番、気負いもなく淡々として胸に響く。

IMG_0006

「ああ気持ちよかった。体を伸ばしてと、日も陰ったことだしソロソロ移るか」

IMG_0009

リンゴもこんな風に紅葉します

IMG_0010

大掃除始まっています
記事検索