小布施のジャズ喫茶 BUD

♪日々好音の米蔵空間で薫り高い神戸萩原の炭火焙煎コーヒーを♪

2014年02月

禁酒は三日坊主

二十日余りも毎日酒を飲み続けていると、
その量は大したことがなくても、
(平均すれば一合強の実力でしかない身ですが)
身体がサインを出して注意を促す。
それはX印でちょっと止めておけとか、
Tの字でタイムといわれたようなものだ。
そこで少しの間、気持ちとして酒は禁断の水にする。
ここで少し考える、禁と断はどう使い分けをするものなのかと?
すなわち禁酒あって、もう一方に断酒がある。
今回のような場合、どちらを使うべきなのか?
断酒か禁酒か。
つべこべ言っていないで実行すればどちらも同じだ!
とはゴモットモなれど広辞苑を引いてみると、
禁は、おきて、いましめ、御法度といった自由を許さない、
外部からの強制力が働き、破れば罪悪となるコワーイ字だ。
禁忌・禁止・国禁など。
断は、きりはなす、関係をなくする意。
断絶・断筆・切断・寸断・決断・判断など。
ということで(飲酒を中断して)当面の「断酒」を決断したとなりました。
それにしても禁煙といって断煙といわないのは、
酒よりタバコの方が身体に罪があるからなんでしょうかね。
禁断の実にしろ禁断の水にしろ生きる喜びには無くてはならないものなのに、
生きることそのものが原罪になるなっていやですねえ。

能なしのユメ

能なしは能あるものをうらやみ真似をし、
そのものとの近づきを自慢する。
内に無いものを外に求める。
外に求めても身には付かない。
能なしの生き方は、
能なしの自分と付き合うほかない。
焦らずイツナンドキもグズグズと、
急がずドコマデでも一生ダラダラと。
騒がず他人のすばらしさをそっと見過ごし、
慌ててすばらしさに近づかないように、
常に内の灯る小さき仄かな光りを見つめる。
それは真の生き方なんだ。
冬は南のガラス越しに、
夏は北に風が通る一坪がほしい。

CD用ライントランスにWE197Aを

偶々、CD用ライントランスにWE197を使ってみたところ、
偶然にも、疲れない!という好結果を得た。
疲れないということは、楽にリラックスして聴ける。
これは音楽を聴く第一条件。
CD音はどうしても硬いから、耳から入って
その奥が叩かれたように時間と共に疲れる。
それが緩和されればその分リラックスできる。
疲れが少ないということは必要条件であって、
決して十分条件とはいえない。
さらに、艶とか透明感などを求めて、
音をおいしくし満足を高めようとすることは
自然の勢いというものだ。
しかし、ぼくはその先にいかない。
これがCDの限界であり運命だと、
それ以上の望みは徒労だと、
独断偏見して顧みない。
などとエラソウな分かったことは、
理論も経験も技術もないからいえるのだ。
全ては変えないでが前提で、
偶々の結果にそれなりの効果を
確認したに過ぎない。
しかし、これによってCDがより親近感あるものになった。
と、いうのは間違いない実感だ。
別格のトランスという印象がする。

またしても低気圧の大雪

先週と似て大陸からの寒気が張り出しているところに、
南西海上の低気圧が列島南岸を東へ進むという気圧配置となり、
しかもこの低気圧の移動スピードが遅かったことに加え、
気温が予想以上に低くかったことが重なり、
春先特有の“かみゆき”が2周連続で各地、わけても山梨・群馬・北関東は
観測以来の集中豪雪ともいえる記録的大雪に見舞われました。
14日金曜、須坂では朝9時頃から細かい雪が舞い始め、その時気温は-4℃でした。
その後、粉雪は次第に密度を増し、見る見るうちに降り積もり始めてからというもの
まる二日降りしきり、土・日は開店休業で除雪に追われました。
この後も道路鉄道の交通はマヒと混乱が続き、18日火曜日には路肩の残雪で
細くなった国道403号須坂地区で大型トラック同士がすれ違いできず、
6時間以上も交通止めになり障害の余波が続いています。
日は高く春先になったといっても二月の空気はまだ冬の寒さ。
融けるのが遅く宅地の路地は固まった雪がつるつとして滑りやすく、
凸凹した轍に車はハンドルを取られる、歩道の除雪も不十分、
といった状況が続いています。

R0010417

ニコラーエワの平均律を聴きながら

正面に少し北風を受け背には陽光を浴び、
久しぶりに小布施までニコラーエワの平均律を
聴きながら歩きました。
先に感興豊かなベートーヴェンのピアノ・ソナタをライブ録音で聴いていたので、
このバッハはスタジオ録音によるミスタッチを避けたものなのでしょうか、
どうも慎重さが目立つ演奏のようにきこえます。
のびのびと音楽の楽しさが伝わってくるライブと、
ミスタッチのない模範的なスタジオ録音などと決まったものではないにしても、
つい比較してみたくなってしまったニコラーエワの演奏でした。

雪の後遺症

昨日、関東にドカッと降った雪をもたらしたのは、
北の寒気とぶつかった太平洋岸沿いに進んだ低気圧。
このような雪をこちらでは“かみゆき”とよんでいますが、
当地でも終日降り続いて、その量は4,50センチに達しました。
低温の粉雪はサラサラとして軽く片付けやすかったのですが、
自宅周りとバドの両方をやると運動量はかなりのものになり、
普段怠けている運動不足の体には過酷だったようで、
今朝は脇腹から背中にかけての筋肉がバリバリに張ってしまいました。
ただ今モーラステープで治療中!!!

R0010338


ようやくウイルス退散して

今朝は昨日までと違い目覚めはスッキリとして、
節々の筋肉痛もほとんど消えていた。
どうやらウイルスのやつども退散したな。
そんな実感が湧いてホットするやらうれしくなるやら起き上がった。
戸を開けひんやりした空気を吸い込むと鼻がピクッと反応した。
黒い湿った土から上がってくるのか、山にかかった霧が風で運ばれ一瞬
の細雨の中にふくまれていたのか、吸い込んだそれは正しく春の匂いだった。
冬の土俵から出た勇み足の“春の山”、2月はどんな日が巡ってくることになるやら。

昨日から本も少しは読めるようになってきたし、テレビで映画も観られたけど
(NANAはすばらしくおもしろかった)、音楽を聴きたいという気持ちがまだ湧いてこない。
音楽を聴くということは意外とエネルギーを使うことなのかもしれない。

雪の少ない1月でした

1月が終わり2月が始まりました。
今日は晴れて長くなった日の勢いがさらに明るく輝いて、
ふりそそぐ陽射しは実に気持ちよく、縮こまっていた身体と気持ちが
スッと伸びて、気まぐれにでも、やって来た暖かい春歓迎です。

それにしても1月は雪が少なかったですね。
大きく強い寒波が来て居座らなかったのが幸いしたのでしょう。
結構寒かった日が多くあったにもかかわらず。
雪掻きといえるほどの雪片付けは1度もなく、
こんなに汗もかかない楽な1月は今までに記憶がありません。

異変の年には異変があるもので、A型インフルエンザに感染して今日で5日目。
熱去って身体、特に胸から腹部背中周り表層にピリビリしたヘンな痛みが残った。
これは一種の筋肉痛や関節痛でウイルスと免疫が激闘した痕跡らしい。
回復に入っているのでもう二三日の辛抱だ。


記事検索