小布施のジャズ喫茶 BUD

♪日々好音の米蔵空間で薫り高い神戸萩原の炭火焙煎コーヒーを♪

2014年09月

黒斑山(くろふやま)ハイキング

浅間山の西側を円弧状に外輪山を形作る尾根に黒斑山(2404m)はある。
29日朝6時30分、小布施から高速で小諸ICまで行き、
コンビニで食料を調達後、標高2000mの登り口、高峯温泉に駐車する。
往きは中コース(還りは表コース)で黒斑山から蛇骨岳(2366m)まで行き、
少し下った眺めに良い場所で食事休憩を取る。
ここからの眺めも(この山の魅力はどこからも素晴らしい眺望)またすばらしい。
北は眼下に嬬恋村のキャベツ畑が一面ブロック状に広がっているのが見えるし、
遠く空の下に連なる山々に・・「あれは燧ヶ岳だろうか」などと当てっこするのも楽しい。
そしてなによりの眺めはなんといっても「浅間山」
黒斑山に来てみて「浅間山」の容姿がいかに人を引きつけるかを知った。
このコースのどこから見ても「浅間山」は美しいのだ。
周囲の眺望にあって調和し単独で見応えがある。
その眺望を楽しめるのが黒斑山の魅力なのだろう。
終日雲一つない快晴に恵まれ風もなく和やかで穏やかなハイキング日和。
澄んだ秋晴れの日射しが山肌の紅葉を鮮明に映していたのも忘れられない。
花は終わりかけ、わずかにマツムシソウとリンドウが少し残っているばかりだった。
下山後は登り口にある高峯温泉ランプの湯につかり汗を流せるのもうれしい。
あらためて自然ほど豊で感動するものはないと思えた何とも贅沢なハイキングだった。

同じく山に親しむ者として、今回の御嶽山噴火により犠牲になられた方に、
心からご冥福をお祈りいたします。

IMG_0127

IMG_0151

IMG_0162

IMG_0187

IMG_0099
 富士山

IMG_0167
 北アルプス 

IMG_0194
 噴煙たなびく御嶽山

IMG_0071
 天然カラマツ

IMG_0210

IMG_0211

IMG_0213

久しぶりの散歩

久しぶりに須坂から小布施まで歩いた。
月曜に黒斑山へ登る予定もあってね。
久しぶりだから足が重い。
歩きながら先日のテレビを思い出した。
田部井淳子さんが病を押して高校生を富士登山に連れて行く番組。
疲れて動けないで立ち止まる生徒に励ましていた言葉。
それは、「一歩一歩」
自らにも言い聞かせていただろう、「一歩一歩」
偉大な人が言うと偉大な言葉になる。
人生は五感を頼り(信じ)、意志スイッチを入れて行動する受動の関係が
うまく働けばいいのだが、そう簡単には運ばないんだなあ。
人間だもの意志スイッチは壊れやすい。
壊れれば長く続かない。
継続は力なりというけれどね、良いことだと分かっていても
続けることは難しいのが人間の弱さ。
そこで今日いまの、「一歩一歩」で本当に自分に一歩近づく。
それって案外自信になっていくかもしれないよ。
明日はどうなるかわからないからね。

IMG_0103

 
記事検索