小布施のジャズ喫茶 BUD

♪日々好音の穀蔵空間で薫り高い神戸萩原の炭火焙煎コーヒーを♪

2018年02月

『蓄音機音楽会』~SPレコードコンサート~第1回

『蓄音機音楽会』
~SPレコードコンサート~
第1回
ジャズ『ブルーノート』
記念すべき最初のブルーノート盤は1939年(昭和14年)1月6日
ミード・ルクス・ルイスのソロピアノ8曲、アルバート・アモンズのピアノソロ9曲
2人のデュエット2曲の計19曲のレコーディングから始まりました。
第1回発売は19曲の中から4曲、片面5分の12インチSP盤BN-1とBN-2だった。

演奏レコード
BN-1 ミード・ルクス・ルイス 1-A 『メランコリー』/1-B『ソリチュード』
BN-2  アルバート・アモンズ 2-A『ブグウギ・ストンプ』/ 2-B『ブギウギ・ブルース』
その他

bluenoteSPコントラスト補正





使用する蓄音機
米国ヴィクター社ヴィクトローラVV-8-9  1928年製
英国グラムフォン社HMV157 1928年頃製

◎入場無料 定員20名 要ご予約

日時 2018年2月18日(日) 午後5時30分~6時30分
場所 小布施 coffee&jazz BUD(バド)026-251-4033

主催 『le son』SPの会

  
 

音を聴く「最高の音」

好きな音楽を最高の音で聴きたい。
現在持っているレコードやCDを
もっといい音で楽しみたい。
そう思ってまず考えるのは、
オーディオ装置機器のグレードアップだと思う。
さて、そこで問題になるのが予算ですね。
その前にどうグレードアップするのか、
どういう音にしたいのかイメージを持つことが大事。
イメージが決まったら、経験豊かで欲のない人に相談すること。
その上で予算は決まってくるはずです。
大事なのは欲張らないこと。 
アップして、良くなったなあと思ったらよし。
気持ちよく楽しめてこそ音楽。
いつまでも音に引っかかっていてはいけませんよ。
これが今聞ける最高の音なんです。
ここからは余談ですが、
掛けているレコードの音が今ひとつと思ったら、
もしそのレコードが復刻盤だったら、
一度オリジナル盤を聴いてみてはどうでしょう。
ひょっとすると、最高の音は最高の音質のレコードから
始まると、気がつくかもしれませんよ。

音は電気信号が波動になりスピーカーから聞こえてきますが、
その源流にあるのはレコードです。
レコード盤をダムに喩えれば、ダムに貯まった水は音楽。
ダムの水質はレコード盤の音質、その品質の良否は、
スピーカーから出てくる音の良否に影響します。
音楽と音にとってレコード盤という元がいかに大切か、
それはときに機器以上です。



 
記事検索