6月末ニューヨークに行ってきた。
マンハッタンのペンシルバニアホテルに5泊して、マンハッタンを
観光バスと地下鉄、そして自分の脚で歩きに歩きまわってきた。
2台持っていったデジカメ、よく撮った方を置き忘れるというアクシデントの以外には、楽しい夢のようなニューヨークだった。
海野雅威さんと再会、「スモーク」と「アーロウズ」で彼のピアノを、「ディジーズ・コカコーラ」では、サイラス・チェスナットとエリック・リードの2ピアノ・カルテットを聴くことができた。マンハッタンならではと思ったのは、「アーロウズ」で12時をまわったところ、ジェーン・モンハイトのピアニスト・Michael Kananがやってきて、海野さんに代わって2曲弾き、ぼくの傍らでビールを飲んで帰って行ったこと。また、「ディジーズ・コカコーラ」にリー・コニッツが客として来ていて、気軽に握手と肩を組んで写真に応じてくれたことなど・・・。それらは瞼に焼き付いても、撮ったカメラは残念なことに手許にない。予備のカメラで撮ったリー・コニッツとの写真はフラッシュが光らず、こんなにもピンボケ。それはそれとして、何より嬉しかったのは、海野さんが共演者から信頼されお客さんを喜ばし、すっかりニューヨークのライブハウスにとけ込んで、リラックスしたプレイで活動していることだった。

RIMG1164