沼ノ原湿原ハイキングは昨年の5月21日に続き二回目。
今年は8日早く13日に、この日新緑は3分花は5分という状態。
やはり20日前後が一番きれいになるのかもしれない。
それでも木道の両側にはリュウキンカが咲き乱れ、
流れの淵や湿地の至る所に水芭蕉をたくさん見ることが出来た。
山陰には残雪があり、林からはウグイスの姿と鳴き声に会い、
少し遠くからポン・ポーンとツツドリの声が長閑に響いていた。
大きな湿原を抜け山裾を回り込むとまた湿原が現れ、
高低差の少ないこの湿原のハイキングは本当に楽しい。
今年は30分ほど遠回りして袴湿原にも立ち寄り、池の端は
強い日射しにもかかわらず、山を廻り池面を吹き抜ける風が
汗ばんだ体になんとも心地よく、疲れもどこかへ行ってしまった。
カラ松やブナ林の新緑は青い空をバックに目にしみる程美しい。
林に点在する白は優雅なタムシバの花、赤く見え隠れするのはユキツバキ。
フクジュソウ、キクザキイチゲ、カタバミ、イワナシ、スミレ、ヤマザクラ、
山椒の花など目に優しく心癒される一日でした。
そして今年はクロサンショウウオの卵だけでなく、卵の周りで
泳ぎ動いているサンショウウオも見ることが出来ました。

里は初夏なれど豪雪の1000mは早春

IMG_0134


IMG_0141

IMG_0338

IMG_0327

IMG_0170

湿原のシンボル水芭蕉

IMG_0188


IMG_0181

IMG_0160

IMG_0215

IMG_0311

IMG_0325

IMG_0335


訪れる人の心をなごませる花々

IMG_0151

IMG_0207

IMG_0303

IMG_0265


IMG_0290

IMG_0292

IMG_0200

IMG_0213

笹の花が咲くと凶作だというが心配だ。

IMG_0182


クロサンショウウオ いつまでもこの環境を大切にしたい。

IMG_0243

ブナの森で一服 また来よう。

IMG_0285