今日はジャン=フィリップ・ラモーJean-Philippe Rameau[仏], 1683年9月25日 -1764年9月12日)
を聴きながら小布施まで歩いた。ラモーは、
バッハ(Johann Sebastian Bach[独], 1685年3月31日 - 1750年7月28日)と同時代の人。
ルネサンスから150年後の頃に生まれ、ベートーヴェンが生まれる1770年ころ亡くなる。
さて、曲はクラブサン曲集(1706~1728)で、
演奏者はマルセル・メイエMarcelle Meyer, 1897年5月22日 - 1958年11月17日)のピアノ。
聴いていて耳が聴き止まった。
ちょっと分かりにくいというか感情移入ができないのは、
ラモーを聴くのは初めてということもあったが、
なにより音楽を生む感情の言語に戸惑いがあったような感じがあった。
感情の言語なんて変なことを言ってしまったが、
要はその人が生きた時代の自然(風土)と社会(政治宗教)の環境
が及ぼす精神的影響といったようなものといった意味合いです。
まあでも聴くにつれ活発で明るい歌謡風な曲や舞曲もあり、それはそれで楽しい。
そういえばメイエも初めて聴くピアニスト。
自身の中で少しずつ音楽が広がっていく。

今朝の空は灰色の雲に覆われて天井に少しブルーの島ができていた。
IMG_0086