正面に少し北風を受け背には陽光を浴び、
久しぶりに小布施までニコラーエワの平均律を
聴きながら歩きました。
先に感興豊かなベートーヴェンのピアノ・ソナタをライブ録音で聴いていたので、
このバッハはスタジオ録音によるミスタッチを避けたものなのでしょうか、
どうも慎重さが目立つ演奏のようにきこえます。
のびのびと音楽の楽しさが伝わってくるライブと、
ミスタッチのない模範的なスタジオ録音などと決まったものではないにしても、
つい比較してみたくなってしまったニコラーエワの演奏でした。