自由と民主とは何か。
難しく考えることはありません。
国民を知る権利から遠ざけ、
国民を盾にして戦争をする。
『国家機密保護法』と『集団的自衛権戦争法』で
国民を民主の座から遠くに追いやろうと策動する権力。
自由と民主とは、その権力に対抗する力と希望なのだ。
その守り神である女神がぎらつく目に辱められている。
女神を倒そうとする危険な根はいまや相当深く権力にはびこっている。
この根を駆除するには自由と民主を守る国民の覚悟が必要だ。
なにしろこの国の総理大臣はその最も太く強い根なのだから。
国民の自由と民主は今最大の危機に立たされている。
自由と民主を標榜する政治団体が国民の政治生命財産人権である
自由と民主という血を抜き去り、国民の自由と民主を殺そうとしている。