先日、お二人の方から別々に同じことをお聞きしました。
一人は盛岡から来られたジャズのお好きな方で す。
もう一人は北関東蓄音機倶楽部の曽我さん。
先だってのSPレコードコンサート会場で、曽我さんが考案した
ソガフォンを見せてもらいましたが、引き出し線に細い単線の電話線が
使われていました。余計な音が出ないので良いとのことでした。
盛岡の方は電話線を友人に勧められ、疑っていたら何回も督促され、半信半疑で
使ってみたら意外や意外、もう他の線には目もくれず使っていますとのことでした。
話を聞いて、ヒョッとしたらデッカのデコラと、フィールドスピーカーに
(両方ともフルレンジで中高域が強く出て気になっていたので)
いいかもしれないと直感し、早速試してみたくなりました。
通話用の単線をホームセンターで(1m60円)買ってきて、
使用している撚り線を外しつないで音を出してみました。
結果は、気にしていた中高域の強い張り出しのクセ音が押さえられ、
持っている個性はそのままに、随分と聴きやすくなりました。
曽我さんの言う余計な音とはクセのあるうるさい音なのかもしれません。
今度お会いしたらその辺の音味の違いを尋ねてみたいと思っています。