7月の長梅雨が開け、8月は急に猛暑となって、
コロナウイルスと熱中症にも注意が必要になりました。

今回の予定は、志賀高原の坊寺山です。
天気は曇り空から時に日が差す空模様。
さて、現地に到着してみると、
登山口に「登山道崩落のため入山禁止」の表示。
どうしたものかと、思いついたのは志賀山。
マイナールートの木戸池口から入山することにしました。
IMG_2559
 登り口に点在する低灌木「アカモノ」
IMG_2565
 ひょうたん池の木道は朽ちてガタガタ。標識も落ちて跡形なし。
見捨てられたように荒れ果てたひょうたん池の周囲。
IMG_2569
 木戸池口ルートと前山リフトルートの出会い。奥は渋池。
IMG_2571

IMG_2575

IMG_2579

渋池を過ぎて進むと右は四十八池、左は志賀山に分かれる。
IMG_2583
 志賀山への樹林帯。
樹林帯を15分ほど進むと頂上への急登があり30分で頂上着。
IMG_2588
  志賀山頂上
頂上で昼食後、裏志賀山へ。
IMG_2644
 裏志賀山頂上
IMG_2643
 裏志賀山頂上付近から見る大沼池と赤石山
裏志賀山から四十八池へ降る。途中、蝶の舞い花の舞いの出会いあり。
IMG_2603

IMG_2647

IMG_2617

IMG_2652

IMG_2628

IMG_2619
四十八池到着
IMG_2658
湿原の風景と花々を愛でつつ、ハイキングはフィナーレを迎えました。
IMG_2704

IMG_2679


IMG_2688

IMG_2689

IMG_2662

IMG_2665

IMG_2694

IMG_2702

IMG_2709
 志賀山と裏志賀山
今回辿ったコースは、どのポイントも人が少なく、
夏の志賀高原人気スポットである四十八池は閑散として、
コロナウイルスの影響がいかに大きいかを物語っていた。

復路は渋池からメインルートの前山リフトコースを下山。
熊ノ湯から木戸池口までは白樺樹林の山裾の道を歩く。
IMG_2735

IMG_2752

IMG_2747
 平床にて
旅の終わり、今日の湯は平床にある「幸の湯」
温泉ではなかったけど、気持ちよく汗を流しました。
IMG_2757