小布施のジャズ喫茶 BUD

♪日々好音の穀蔵空間で薫り高い神戸萩原の炭火焙煎コーヒーを♪

BUDの日々

ドキドキ・パウエル

もちろんドキドキ・パウエルなんていう名の人はいません。
バド・パウエルの演奏を聴いてドキドキする人は多いと思うので、
ちょっと遊んでみました。
僕もバドが演奏するピアノの音にドキドキしながら聴いています。
なんと言っても一音一音が大変力強くインパクトがあります。
ピアノという楽器が、持っている能力のすべてを出し切って鳴っている。
この圧倒的な音の波動が耳に届いた瞬間、
ウワッ、スゲエ、ドキドキ!と、なるのであります。
しかも天啓を得た感情表現は何人の胸にもスッと落ちていき、
雑な感を呼び起こしません。
バドが天才と言われる所以はは正にここにあるわけです。

そしてなにより引かれるのは、発する音が娯楽の域を超え、
過去から未来へと続くであろう人間の存在と共のある、ということです。
バド・パウエルはジャズという形式の音楽を通して、
時間を超えた人間の存在を発信しているともいえます。

バドは生涯、不安定な精神状態の中に身を置いていました。
それは絶え間なくガスが流れ、時に晴れる気象のようで、
その時々の状態が演奏の出来不出来を左右しました。
それによってレコードの優劣が生じるのは仕方のないことです。
熱烈な特別のファン、研究者や評論家は別として、
我々一般のジャズファンは、心身ともに体調が良い状態で演奏した
レコードを聴いて楽しめばいいのではないでしょうか。 
手元にあるディスコグラフィによる初録音は1944、1、4、
ラストレコーディングは1965年です。
20歳から41歳まで20年間がレコーディング活動期間になります。
20年を通して、霧深き谷底に伏しているときもあれば、
青空に雄々しくそそり立つ岩峰のように逞しく繊細で、
ドキドキする演奏もあるということです。

と、いうことでよく聴くレコード2枚と、
粟村政昭氏の一文を紹介させてもらいます。
演奏の聴きどころはと問われたら、
それは優れた芸術が持っている時間を超えた「美」だと思います。
また、芸術や音楽とは何かと考えてみると、
健康な心と精神的安定に深く関わっているだと気がつきます。

レコードのタイトルは双方とも「BUD POWELL'S MOODS」ですが、
中身が違っています。
こちらは1954年6月にベース:パーシー・ヒース、ドラムス:アート・テイラーで8曲
1955年1月にベース:ロイド・トロットマン、ドラムス:アート・ブレイキーで3曲
IMG_0011

IMG_0012

IMG_0013

こちらは1951年2月の録音でソロが8曲
1950年6月にベース:レイ・ブラウン、ドラムス:バディ・リッチで2曲
IMG_0014

IMG_0015

IMG_0016

「混沌たる美と幻覚の世界の深淵を何度か浮き沈みした挙げ句、
一代の天才児バッド・パウエルは永遠に我々の前から姿を消してしまった。
天才と狂人は紙一重ーという諺を文字通り一身に具現していた感があった彼は、
この世の俗字とは相容れぬ俗事とは相容れぬ病める
ミューズの化身であったのかもしれない。
全盛時代の素晴らしさについてはこれまでにも幾度か語られてきているが、
アップテンポにおける恐ろしいほどのヴァイタリティもさることながら、
モダン・ジャズにおけるスロー・バラードを彼ほど魅力あるものに
昇華し得たピアニストは空前絶後であったろう」
粟村政昭著「ジャズ・レコード・ブック」より



ジャズを聴く楽しみ

僕のジャズを聴く楽しみは、
ずばりブルースを聴くことです。
その調べは苦しい人生の「ニガ味」。
ブルースが聞こえてこないジャズは、
塩がきいていない漬け物のように味気ない。
そしてスウィング。
うねるようにしなやかに強弱昇降を繰り返す、
リズム感あふれるプレイ。
ブルースを感じ身体を揺らし心を弾ませる。
これがジャズを聴く楽しみ、ジャズを聴く醍醐味。
ブルースはジャズの根っこにあって、
プレイの一音一音に微妙な色彩を無意識に添えます。
マイルス・デイヴィスは「オレはいつもブルースを演っている」
というのが肯けますね。

秋たけなわ

秋祭りに運動会の時期。
区々の神社や公会堂に幟が立ち御輿が置かれている。
今日は3連休の中日、天気もよく小布施は今秋最高の観光客で混雑、
買い物に食事にと並ぶ光景があちらこちらで見られました。
通りに縁台が設けられ、地元産の栗やりんごにブドウといった果実も売られていた。
紅葉は標高1000mあたり、高山村山田温泉の少し上が見頃になっているようです。
リンゴ畑では気温差で紅く色づいてきた実が陽を浴びて輝いていた。おいしそう!!!
気になるのは台風19号の進路。
明後日14日に長野に最も近づいてくる予報だが、
毎回ここまで来ると弱ってしまい大きな被害はなく済んでいるので、
今回もそうあって欲しいと願っています。
連休最後の明日は近づく台風の影響で雨の予報に人出は少なくなりそうです。
雲行き次第で早めに店じまいをする予定にしています。

IMG_0048

IMG_0041

IMG_0026

IMG_0038

IMG_0027

IMG_0055

IMG_0053

IMG_0064


 

夏雲

夏雲が沸き夕方遠雷とともに雨雲が広がって夕立。
いよいよ暑い夏がやってきた。

IMG_0104


IMG_0105
 

リンゴの花咲く

リンゴの花咲きましたよ、もう満開です。
今年は桜もリンゴも咲き始めてから気温高く、
三日もしない間に満開です。
今日は四連休の初日、残雪の北信五岳も姿を現し、
最高のお天気に恵まれました。

IMG_0023


IMG_0038


IMG_0032

FUJIIさんのジオラマ「旧JR長野駅」

FUJIIさんのジオラマ「旧JR長野駅」

油絵なら100号の大作です。
FUJIIさんは常々ご自分の作品を「立体油絵」といっています。
既製品は車と鉄道車両、フィギュアの人形はそのまま使わず
ほとんど塗り直しています。
そのほかは全て手作りして彩色してあります。
本体土台寸法は900×450。
バドの展示は6月8日(日)迄です。
見学は無料です。
どうぞご覧にお越しください。

IMG
                            信濃毎日新聞の記事

IMG_0051

IMG_0068

IMG_0086

IMG_0074

IMG_0077

IMG_0071


リュウキンカ咲いた

今年もまた黄色い玉が開き、
リュウキンカが咲きました。
去年より一週間早い開花。
今日は曇り空、少し肌寒く花冷えの気候です。

P4043376

初歩き

小布施まで新年の初歩き。
今日は歩き方をちょっと工夫してみた。
退けた腰が脚の運びに遅れないよう腹を出し気味に歩く。
これには訳があって・・・
近頃、階段の昇りで、のけ反るようになることがあって以来、
階段では腹突っ張り昇りをしていて、それを歩くときもしてみようと。
ま、思いつきなので理にかなっているかはサテオキで。
それといつものようにCDをザックに入れて。
今日はハロルド・バウアーを。
三枚組にはバッハ、ベートーヴェン、ショパンら60曲が入っている。
録音は1924~1942年なので原盤はSP。
おもしろいことにモーツアルトが1曲もないのはめずらしい。
なかでもベートーヴェンのソナタ「ムーンライト」「アパショナータ」がよかった。

今日の天気は雲が多いものの陽射しは明るい。
長野市の山に雲が横たわって、その幕間に北アルプスが垣間見えた。

IMG_0067

一つ取り残されたリンゴは
トリ(に)ノコシておいたのだろう

IMG_0065





 

お帰りなさい

ドイツから帰ってきた藤井さんとライブの打ち合わせ、
と思っていたのが話はあらぬ方へ・・・
何の話かというと、日本の現状を憂うという、
マジメな話になぜか二人とも次第に熱を帯びてしまった。

東条英機らが誤って起こした戦争によって日本と日本人は、
領土と国民の生命財産を失い悲惨な目に遭わされた。
この責任の総括を日本人一人一人の問題としないで、
国民主権の民主主義などどこにもないのではないか。

東条英機らによって間違った戦争にかり出された戦争犠牲者と、
その張本人である戦争犯罪人(と日本人が断罪しなければならない)を
共に靖国神社に祀ることは、先ず以て日本人自らが、
日本人の霊魂にかけて絶対許してはならない道徳であり倫理ではないのか。
貿易立国の日本は世界の孤児になってどうするの。
ま、そんな話しだったか。

さらに言うなら、明治憲法の天皇主権下で戦争を仕掛けて負けたのは、
日本国始まって以来の恥辱的大逆罪ではないのか。
その奸臣を靖国に祀る“コンタン”もまた非国民的犯罪行為ではないのか。

年賀

明けまして
おめでとうございます

おかげさまでバドは今年16年目を迎えることができました
これもひとえに皆様のご愛顧のたまものと厚く御礼申し上げます

年始は三日より営業いたします
本年もなにとぞよろしくお願いいたします
                                  
jpg年賀はがき用
                                 2013年元旦
記事検索