小布施のジャズ喫茶 BUD

♪日々好音の穀蔵空間で薫り高い神戸萩原の炭火焙煎コーヒーを♪

音楽

音を聴く「耳利き」

この器なかなか良いね。
あなたって目利きね。

この演奏とても良いね。
あなたって耳利きね。
ん、いや左利きだよ。 

目利きというのは審美眼 (美を識別する能力)を持っている人。
その能力をさらに高め確かな審美眼を身につけるために、
「本物をたくさん見なさい」とはよく言われること。
 
そもそも「美とは」何かと問われれば、
お金や優劣とは無縁のところにある「豊かさ」だと思う。 
人はそれぞれ独自の鋭い感覚を誰も持っているものだ。
それは音楽だったり料理や美術に対してだったりする。
感覚という収集器で日々集められたら情報の集積という経験を通し、
審美眼は信じられる能力になっていく。
このようにして美を内に感じられるようになることが、
人の内面を豊かにするのじゃないだろうか。 

いい音楽をたくさん聴いて「キキモノ」になりましょう。
 

音を聴く『今年も』いい音楽を

ジャズ喫茶をやっているからといって、
ジャズばかり聴いているわけではありません。
いいなあと感じ、面白いなあと思うものは何でもござれです。
僕はコルトレーン世代、その時分は分かろうが分かるまいが、
したがって分からないまま、しゃにむにひたすら
ジャズなるものに向かい合っていました。
1965年から1975年頃までのことです。
分からないながらも50年以上聴き続けてきたのは自分でも不思議です。
どこか心にある空白を他ではないジャズで埋めていたのかもしれません。
しかし、年を取り最近は若い頃聴かなかったものを聴くようになりました。

それはまず老若問わず未知なる分野への好奇心から始まるものです。
若い頃は今様に夢中になるのが成り行きというものですが、
年を取ると今様は自然と離れこちらに近づいてきません。
そこに年取った好奇心の空白は年代を遡り、
歴史と伝統を猟歩し始めるのです。
さあ、1940年代から30年、さらの20年代へ。
心浮き立ついい音楽を聴きに行きましょう。



音を聴く「心で聴く」

先日、バドで蓄音機を聴いたときのこと。
クラシック、ジャズ、歌謡曲、シャンソンなど、
それぞれ持ち寄ったSPを楽しみました。
その中に、3種類の「テネシーワルツ」がありました。
パティ・ペイジ1950年録音、ジョー・スタッフォード1951年録音、
江利チエミ1952年録音 のSPです。
聴いた感想ですが、僕はジョー・スタッフォードの洒脱なジャズフィーリング
が好きだなあと漏らしたところ、Kさんは江利チエミが好きだというので、
意外だなと思っていると、
「一生懸命さがなんともいえずとてもいい」とおっしゃる。
Kさんの音楽好きは自他ともに認めるところですが、
いつも心で感じたことを大切にして、
正直な気持ちで聴いているんだと、
微笑ましくも感心してしまった。
趣味はこうでなくっちゃね。
 

今日の出会い「モーツァルトと即興演奏」

フリードリヒ・グルダ
モーツァルト 「ピアノソナタK.545」
モーツァルトは当時、最高のピアニストでもあった。
その演奏は、美しい音の技術と共に、
即興演奏によって人々を魅了し人気を博した。
即興演奏の面白さを聴衆は 求め評価した時代だった。
彼が亡くなったとき、ウィンー子はモーツァルトのピアノを、
もう聴くことができないと悲嘆に暮れたという。
(そこを埋めるように現れたのがベートーヴェンだった)
ウィンー子が聴いていたモーツァルトの演奏 を
聴くすべはないが、当時の熱狂を再現できるような
音楽家が出現しないものかと、朝から夢を見てしまった。 

音を聴く「今年の音」

今年、音楽界 最大のニュースは、ボブ・ディランが
ノーベル文学賞を授賞したことではないだろうか。
彼は詩人として  ノーベル文学賞を授賞した。

また、このニュースは文学界最大のニュースともなった。
あの村上春樹でなくどうしてディランなのか。
多くの人は考えたことだと思う。 
作家は何らかのメッセージを込め詩文を作る。
新たにディランの詩を文学として読んでみたいし聴いてみたい。

日々音楽を聴きながら今年も過ぎた。
クラシックは楽譜に従っているけど、
演奏家によって曲の表現や印象が違う。
作曲家と演奏者と聴くものがいて音楽は成り立っている。
音楽は三者三様の感性と想像力で楽しむものなのだろう。
今年聴いたクラシックでおもしろかったのは、
マルセル・メイエのピアノで聴いたラモー。
毎日起きては聴き寝る前にきいてきた。
車に乗ったときはニコラーワのピアノで
ショスタコーヴィッチのプレリュードとフーガを。
こちらも毎日飽きもせず面白く聴いていて、CDを取り替える気がしない。

ジャズは何かと聴き直している。
今の自分にあった聴きたいものを探している。
再発見したのはアーマド・ジャマル。
アーゴの「BUT NOT FOR ME」は演奏も良いけど、
オリジナル盤は音質が素晴らしい。
などと、今までは音質にこだわった聴き方だったが、
数枚聴いているうちに、そんな額から外して、
裸のつき合いで楽しめるようになった。
彼のピアノもまた心地よい音楽として日々部屋に流れる。
これからも、今の自分にあってジャズもクラシックも飽きず心地よい、
生活の楽しい伴侶になってもらえればと思っている。
来年も良い伴侶に巡り会えますように。
索漠とした世に音楽は心を慰める福音なのだから。

 

音を聴く~テンペスト~

ベートーヴェンのピアノ・ソナタ17番「テンペスト」は好きな曲。
いくつもの演奏を聴いてみて、いいと思った自分好みのは、
リヒテルが1965年にライブで演奏したもの。
ところで、この曲はシェークスピアの「あらし」と関係あるらしい。
ベートーヴェンがそのような示唆をしたという。
読めばわかる、と (この曲のなんたるかは)。
後は各自の自由な解釈におまかせするとして、
僕としてはそんなことどうでもいいまま自由に聴いています。
さて、数ある弾き手の中でこれは「嵐」だ!という演奏があります。
1954年4月4日キエフでのライブ録音。
マリア・ユーディナの「テンペスト」は嵐そのもの。
風速60mのすさまじく激しい嵐です。
それは彼女が内に抱えている反骨精神が起こす嵐。
とてつもないエネルギーを放った、
全速力一気呵成の演奏です。
終わってみると、台風一過の解放された清々しさがありました。

IMG

音を聴く~18番(オハコ)~

シューベルトの清く健やかな心根を写し取ったかのようなケンプのピアノ。
自信にあふれた、ためらいのない闊達な指さばきからは、
端正で衒いがない明朗な音が響く。
力強くも激せずデモーニッシュにならず、生き生きと歌の心を奏でる。
ケンプの心音はシューベルトの大地に根を下ろして共鳴している。
健康な穏やかさに満ちた安心感がそこにはある。
それはシューベルトが願い望んだ世界だったのではないだろうか。

「イヨーッ ケンプ!」
シューベルトはケンプの十八番だと肯く。

番外
ソナタ13番 D664
リヒテル イン ハンガリー ブダペスト 1978/8/10
この演奏は心に沁みました。


 

音を聴く~水を得て~

ピアノの音が水を得て水中を飛び跳ね回る。
曲が弾く人を得ると♪が蝶々のように生き生き舞います。
スクリャービンの曲をソフロニツキーが弾くと、
指先から音は軽々と無限夢想の宙を行き交う。
見えない音を追いながら、目を閉じ耳を澄まし、
星の煌めくような音の世界で遊びましょう。

音を聴く~ロシアの音~

ソフロニツキーが同郷の、例えばボロディンやラフマニノフの曲を弾くと、
ロシア人同士が共鳴しているかのような、まさにこれぞロシアだと、
そう感じてしまうような音が鳴り響いて聞こえてきます。
それは遙か彼方の見たこともない大地の空気が、
ここにある空につながって届いているかのようです。
ラフマニノフのつぶやきが聞こえてくることもあれば、
空に舞い上がり木霊になって帰ってくることもあります。 
ソフロニツキーの音は重く深く沈み、太く明確で力強い説得力があります。
ロシアの大地を踏みしめ、大きく息を吐いて、
ラフマニノフと心の起伏を歩んでいるかのようにも聞こえます。
繰り返し聴きたくなる味わい深い音です。

音を聴く~眠れぬ夜に~

病気がちでよく不眠に陥ったカイザーリング伯爵は、
眠れない晩に少しは元気づけられそうな、
穏やかで、いくらか陽気な調子のクラヴィーア曲を幾つか、
ゴルトベルグ(お付きのクラヴィア奏者)のために作って欲しいとバッハに洩らした。
こうして生まれた「ゴルトベルグ変奏曲」を、眠られぬ夜が来ると、
「ゴルトベルグ君、ひとつ私の変奏曲を弾いてくれ」と伯爵は命じた。
フォルケル著「バッハの生涯と芸術」に「ゴルトベルグ変奏曲」
誕生の経緯がこのようなものであったと記されています。
沈んだ気持ちを明るくし眠りにつける子守歌のように穏やかな曲。
そうしたイメージでこの曲をあらためて聴いてみるのも面白いと思い、
何人かの「ゴルトベルグ変奏曲」をピアノ演奏で聴いてみました。
演奏者は等しくこうした曲想を描いて演奏しているものと思うのですが、
やはり各人各様で弾いた人の数の「ゴルトベルグ変奏曲」がありました。
ケンプはちょっと変わってゆるい。
野平さんは進むとうるささが気になってしまう。
チューレックは出だしが母の子守歌のようでいいのだが単調になる。
ユーディナは芸術作品としては素晴らしい演奏。
グールドは新旧ともチャーミング。
あとはニコラーエワを聴いてみます。
ニコラーエワはおばあちゃんの子守歌。
穏やかでやすらぎに満ちたゴルトベルグです。



 
記事検索