年末も29日、なのになぜか年の瀬の実感は希薄。
ということは、新年正月を迎えるという気持ちにも
ワクワクした喜びや期待感がないことにつうじている。
年齢とともに「来年こそは」「今年こそは」といった
願かけもこれといってなくなり、「おせち」などの料理も
特別なご馳走と感じなくなっているからなのだろう。
一年を振り返れば、春の桜、初夏の新緑、秋の紅葉、
夏の熱暑、冬の寒冷と、目に鮮やか身体の記憶に刻まれた
メリハリある四季の豊かさがあったのだが、過ぎてしまえば
水に流されたごとくあっという間の365日だった。

来年の干支は巳。
巳の置物を二ついただいた。
一つは95歳になる友人のお母さんが作った木目込み。
これは来年の年賀状に使わせてもらいました。
もう一つは瀬戸の七代目水野半次郎さんの陶器。
巳の字の語源は子宮が胎児をつつむ様を表している。
原発、保育施設など不安の多い日本に、
安心して子供を産み育てられる社会環境をつくらねば、
人口は減るばかりですね。

PC292953