小布施のジャズ喫茶 BUD

♪日々好音の米蔵空間で薫り高い神戸萩原の炭火焙煎コーヒーを♪

写真「風景」

初冬の寒・観・感

12月になると「今年も終わりか、早い一年だったなあ」
という思いに毎年おそわれる。
なにゆえか師走は心が走る。
今朝は放射冷却で6時の気温ー2℃。
ウォーキングで登った鎌田山から
白銀の北アルプスはピンクに染まり、
草は霜を置いて白髪を装い、
初冬の風情を景していた。

IMG_0001
 

IMG_0002


IMG_0009

秋色

いよいよ秋も深まり里山は紅葉の絨毯に。
紅葉の名所は数々あれど、今は近所が名所。
午後からは寒波襲来の強い北風に、
紅葉が音を立てて舞い飛びました。 

小布施 新生病院 

IMG_0283
 
IMG_0298
 
IMG_0280
 
IMG_0282
 
須坂 坂田山
IMG_0319

IMG_0332

IMG_0321

 須坂 芝宮神社
IMG_0343

IMG_0349

IMG_0370

秋色

IMG_0312

IMG_0397


 

沼ノ原湿原

今年も沼ノ原湿原ハイキングに行ってきた。
http://www.shinshu-tabi.com/madarao5.html
晴天、絶好のハイキング日和。
白樺の若葉は風に揺られ、キラキラと陽に照り返り輝いている。
気温は20度ぐらいだろうか、熱い日射しもそよ風が消してくれ、
なだらかなアップダウンの山道も汗かくことなく快適。
水芭蕉と新緑は丁度見頃、花は雪解けの流れに沿うよう咲いている。
それにしても、日本の山懐はなんと深く豊かで美しいことか。
青くすんだ空の下には山肌を覆う鮮やかな新緑のグラデーション。
どんなに見ても見飽きない美しさを秘めている。
木道脇を流れる雪解けの清流はいたるところに、
白い水芭蕉と黄色いリュウキンカ を咲かせる。
せせらぎの音は鳥の声とともに歩く心を弾ませる。
沼ノ原のようにほどよく整備された日本の自然こそ、
子孫に残したい宝であり世界に誇れる自然遺産だと思う。
地方創世の取って置き資産として大事に活用すればこれ以上のものはない。
内外の自然志向遊び大好きの達人たちの知恵をこの自然資産に投入すれば、
素晴らしいプランが次々と案出され、それを世界に発信していけばいい。
地方にある豊かな自然と人間味残る田舎こそ癒やしと活力の素なのだから。

R0011013

R0011056

R0011124

R0011138

R0011149

R0011083

R0011071

R0011127

R0011123

R0011104

R0011163

R0011176

R0011184

R0011183

R0011188

 

連休始まる

連休を前に初夏の陽を受けリンゴの花が満開になった。
好天が続きそうなゴールデンウィークでよかった。


フジのリンゴ畑。

IMG_0088


IMG_0092


IMG_0093


IMG_0098


IMG_0096






 

千曲川小布施橋爛漫

北信濃は雪がなくなった平地でも春の恩恵は遅い。
今年は桜の開花から散る2週間あまり、
花冷えとぐずついた天候が重なり特にその感が強かった。
今日は日差しの強さがジリジリするほどで、
まったくのところ一足飛びに、
「季節の長いトンネルを抜けるとそこは初夏のようだった」

千曲川小布施橋の下に広がる河川敷は、
明るい日差しに黄色い菜の花が鮮や。
残雪の山もよく見渡せ素晴らしい光景がひろがって、
あちこちで思い思い青空の下満喫する人で賑わっていた。


IMG_0129


IMG_0139


IMG_0132


IMG_0064


IMG_0082


IMG_0089


IMG_0097



 

上越髙田城址公園の夜桜

上越髙田城址公園は日本三大夜桜の一つ。
髙田50ha4000本、弘前50ha2600本、上野53ha1200本というのだから、
数からいえば日本一だ。そして実に広い。
今年は咲いてから気温が低くなり、
9日は満開のまま時が止まったかのような、
それは見事な超満開の夜桜。
この夜も花冷えで寒くダウンを着用しての観桜だった。

IMG_0023


IMG_0040


IMG_0090


IMG_0115
 

りんご園の紅葉

初冬の日差しを浴びたりんご園での紅葉がきれいだ。
こんなに美しくなる年はめずらしい。
小春日和の快晴の空は真っ青で、
黄色い葉の中に点々と赤い実が浮かんだ光景は
言葉にはならない素晴らしさだ。
明日からは12月、いよいよ木枯らしと雪の季節到来だ。

IMG_0051


IMG_0053


IMG_0050


IMG_0045


IMG_0044

 

黒斑山(くろふやま)ハイキング

浅間山の西側を円弧状に外輪山を形作る尾根に黒斑山(2404m)はある。
29日朝6時30分、小布施から高速で小諸ICまで行き、
コンビニで食料を調達後、標高2000mの登り口、高峯温泉に駐車する。
往きは中コース(還りは表コース)で黒斑山から蛇骨岳(2366m)まで行き、
少し下った眺めに良い場所で食事休憩を取る。
ここからの眺めも(この山の魅力はどこからも素晴らしい眺望)またすばらしい。
北は眼下に嬬恋村のキャベツ畑が一面ブロック状に広がっているのが見えるし、
遠く空の下に連なる山々に・・「あれは燧ヶ岳だろうか」などと当てっこするのも楽しい。
そしてなによりの眺めはなんといっても「浅間山」
黒斑山に来てみて「浅間山」の容姿がいかに人を引きつけるかを知った。
このコースのどこから見ても「浅間山」は美しいのだ。
周囲の眺望にあって調和し単独で見応えがある。
その眺望を楽しめるのが黒斑山の魅力なのだろう。
終日雲一つない快晴に恵まれ風もなく和やかで穏やかなハイキング日和。
澄んだ秋晴れの日射しが山肌の紅葉を鮮明に映していたのも忘れられない。
花は終わりかけ、わずかにマツムシソウとリンドウが少し残っているばかりだった。
下山後は登り口にある高峯温泉ランプの湯につかり汗を流せるのもうれしい。
あらためて自然ほど豊で感動するものはないと思えた何とも贅沢なハイキングだった。

同じく山に親しむ者として、今回の御嶽山噴火により犠牲になられた方に、
心からご冥福をお祈りいたします。

IMG_0127

IMG_0151

IMG_0162

IMG_0187

IMG_0099
 富士山

IMG_0167
 北アルプス 

IMG_0194
 噴煙たなびく御嶽山

IMG_0071
 天然カラマツ

IMG_0210

IMG_0211

IMG_0213

行合の空

暑かった夏の勢いが遠ざかり、
陽の傾きとともに秋が忍び寄ってきました。 
今頃に見られる行合の空雲は、
ハローオータム、グッドバイサマーのシンボルです。 

IMG_0038
 

梅雨明け間近

西から梅雨明けのニュースが届きましたが、
信州も間近のような空と雲が広がっています。
何やらこの雲午後は雷雨の夕立になりそうな気配です。

IMG_0076
 
記事検索