小布施のジャズ喫茶 BUD

♪日々好音の穀蔵空間で薫り高い神戸萩原の炭火焙煎コーヒーを♪

ジャズ

ドキドキ・パウエル

もちろんドキドキ・パウエルなんていう名の人はいません。
バド・パウエルの演奏を聴いてドキドキする人は多いと思うので、
ちょっと遊んでみました。
僕もバドが演奏するピアノの音にドキドキしながら聴いています。
なんと言っても一音一音が大変力強くインパクトがあります。
ピアノという楽器が持っている能力のすべてを出し切って鳴っている。
この圧倒的な音の波動が耳に届いた瞬間、
ウワッ、スゲエ、ドキドキ!と、なるのであります。
しかも天啓を得た感情表現は何人の胸にもスッと落ちていき、
雑な感を呼び起こしません。
バドが天才と言われる所以はは正にここにあるわけです。
高速パッセージからスローなメロディーまで実にスポンテニアス!
おいしい料理と同様、バドの音楽料理に、
「ごちそうさま」
なのですが、残されたすべてのアルバムがそうではありません。
バドは生涯、不安定な精神状態の中に身を置いていました。
それは絶え間なくガスが流れ、時に晴れる気象のようで、
その時々の状態が演奏の出来不出来を左右しました。
それによってレコードの優劣が生じるのは仕方のないことです。
熱烈な特別のファン、研究者や評論家は別として、
我々一般のジャズファンは、心身ともに体調が良い状態で演奏した
レコードを聴いて楽しめばいいのではないでしょうか。 
手元にあるディスコグラフィによる初録音は1944、1、4、
ラストレコーディングは1965年です。
20歳から41歳まで20年間がレコーディング活動期間になります。
20年を通して、霧深き谷底に伏しているときもあれば、
青空に雄々しくそそり立つ岩峰のように逞しく繊細で、
ドキドキする演奏もあるということです。

と、いうことでよく聴くレコード2枚と、
粟村政昭氏の一文を紹介させてもらいます。
演奏の聴きどころはと問われたら、
それは優れた芸術が持っている「美」だと思います。
また、芸術や音楽とは何かと考えてみると、
健康な心と精神的安定に深く関わっているだと気がつきます。

レコードのタイトルは双方とも「BUD POWELL'S MOODS」ですが、
中身が違っています。
こちらは1954年6月にベース:パーシー・ヒース、ドラムス:アート・テイラーで8曲
1955年1月にベース:ロイド・トロットマン、ドラムス:アート・ブレイキーで3曲
IMG_0011

IMG_0012

IMG_0013

こちらは1951年2月の録音でソロが8曲
1950年6月にベース:レイ・ブラウン、ドラムス:バディ・リッチで2曲
IMG_0014

IMG_0015

IMG_0016

「混沌たる美と幻覚の世界の深淵を何度か浮き沈みした挙げ句、
一代の天才児バッド・パウエルは永遠に我々の前から姿を消してしまった。
天才と狂人は紙一重ーという諺を文字通り一身に具現していた感があった彼は、
この世のこの世の俗字とは相容れぬ俗事とは相容れぬ病める
ミューズの化身であったのかもしれない。」
粟村政昭著「ジャズ・レコード・ブック」より



ジャズを聴く楽しみ

僕のジャズを聴く楽しみは、
ずばりブルースを聴くことです。
ブルースが聞こえてこないジャズは、
塩がきいていない漬け物のように味気ない。
そしてスウィング。
うねるようにしなやかに強弱昇降を繰り返す、
リズム感あふれるプレイ。
ブルースを感じ身体を揺らし心を弾ませる。
これがジャズを聴く楽しみ、ジャズを聴く醍醐味。
ブルースはジャズの根っこにあって、
プレイの一音一音に微妙な色彩を無意識に添えます。
マイルス・デイヴィスは「オレはいつもブルースを演っている」
というのが肯けますね。

ジャズの醍醐味 トミフラ「オーヴァーシーズ」

トミー・フラナガントリオの「オーヴァーシーズ」は
紛うことなくジャズの醍醐味を聴かせてくれる。
小気味よくスウィングするトミフラの心地よいピアノ。
脇を固めるリトルの分厚いベース。
そして縦横無尽、思いのまま奔放にブラシを振るうエルビンのドラム。
これはもう実にスリリングなライブ感覚に浸るような気持ちになる。
エルビンがブラシワークで叩き出すビビッドな躍動感は、
底知れぬパワーを秘め、時にマグマのように噴き上がり突き上げる。
ブラシが生き物のようにドラム上を跳ね踊り、
そして叩かれ弾かれた音もまた、
生き物のように地を這い空中で舞う。
かと思えば、エンディングにシンバルが震える繊細さはどうだろう、
エルビンの息遣いが音になって聞こえてくるようだ。
ドラムから命ある音を引き出せたのはエルビンをおいていない。
ジャズが第一級の芸術であることは、このアルバムを聴けば肯けると思う。

 

秋はズート・シムス

急な冷え込みに暖かいものが欲しくなりますね。
煮込んだシチューやスープの深い味わいは身も心も温まります。
そんな味わいの音色一筋でプレイし続けたズート。
ズートの代名詞といえばよく歌いスウィングするウォームトーン。
50年代からのモダンジャズコンボのプレイは前衛とは無縁で、
85年59歳で亡くなるまで30年以上、
一貫してよく歌いスウィングするウォームトーンを熟成。
しかも粋でモダンなプレイだからこそ誰からも愛された。
個人的にはミディアムテンポからスローなプレイが好きです。
大酒飲みと言われていますが・・・
ズートもアート・ペッパーもパーカーも音楽がよければよし。

中村早智with坂根格カルテット

BUD JAZZ LIVE  
2017/7/30  
14:00~16:00


中村早智[1] 500


 

文を読む~聴けばわかる~

チンさんこと鈴木良雄さんがジャズの本を出しました。
タモリが付けた帯のタイトルは“聴けばわかる” 
タモリさんはジャズに解説はいらない派?
そのタモリさん、チンさんの言っていることは“聴けばわかる“ と。

チンさんのベースは“ブン ”と鳴った瞬間、ジャズの音がする。
音楽にはジャンル固有の音があると思う。 
チンさんの音は天性だと思う。習って出せる音ではない。
そんなジャズの音を出せる穐吉敏子さんの音は暗めだが、
チンさんの音は明るい。

さて、選ばれた55枚のアルバムにコメントしたその内容は、
プレイヤーにしてコンポーザーであるチンさんらしく、
素人には気がつかないプロの耳と音楽理論で、
聴き所ポイントをヒョイと掬ったようにわかりやすく教えてくれる。
首をひねるようなヒネッタことはひとつも言っていない書いていない。
それで“へーそうなんだ”と。
これって言うは易いけど本当に難しい。
随所にチンさんの感性と、これまた天性の優しさが織りなす
ジャズ愛に満ちた一冊です。

『人生が変わる55のジャズ名盤入門』 鈴木良雄著
竹書房新書041 1000円
2016年2月11日刊
 

音を聴く~ジョン・コルトレーン~

ジョン・コルトレーンはモダン・ジャズの到達点です。
60年代始め、彼方の光を信じ一人荒野を踏み出しました。
光に向かって全身全霊で自分を捧げました。
その結果、あらゆる現代音楽の頂点に達しました。
自分はどこから来てどこへ向かうのか、音楽で自問自答しました。
圧倒的な音で自分の疑問に立ち向かったのです。
そして、神から祝福される人になったのです。
幸運にも僕は66年に、新宿厚生年金ホールで
コルトレーンの演奏を聴き、音の洗礼を浴びました。
壮絶な叫びにも似た音は光の洪水になって全身に入り
体中を巡りました。
感動を越えた放心状態でホールから出た記憶は、
50年を経た今でも心深く鮮烈に刻まれています。 

音を聴く~ほとばしる~

春、雪融けが沢をほとばしる。
その縁に立てばなんと心躍るスリリングな光景であることか。
しぶきを上げ轟かしながらの様は変幻自在。

A NIGHT AT BIRDLANDの演奏を雪融けの光景と重ね聴いた。
1954年ハード・バップの幕開けとなった記念碑と呼ぶに相応しい演奏。
というのは後の評であって、ジャズマンはひたすら時代を疾走していただけだ。
WEE-DOTのドラミングを聴けば、ブレイキーは高らかにそう宣言して、
幕を切って落とすようなプレイをしているように聴こえてしまう。
センセーショナルなニュー・スター、クリフォード・ブラウンのブリリアントで
ほとばしるスリリングなプレイは熱狂的に迎えられ、
ハード・バップ・ジャズの魅力を余すことなく体現しています。
これぞジャズ最大の魅力でなくなんであろう。
奔流のごと時代を飲み込んだプレーヤーの演奏は、
今なお聴くものの心に感動を与え続けています。

鄙に名店あり群馬榛東村「夢や」

音楽とオーディオ、そして美味しいものも好きな仲間と、
今回は、榛名山の麓、群馬県北群馬郡榛東村山子田2643−6‎にある
「夢や」に行ってきました。
https://plus.google.com/115087996953531844320/about?gl=jp&hl=ja 
これが通りに面したお店の全景。
IMG_0042

入り口に掲げてあるメニュー。 
IMG_0045

ピザを焼く石窯。
IMG_0046

しつらえのいい落ち着くレストラン内。
IMG_0083

IMG_0047

IMG_0065

美味しいピザとビーフサラダ。ピザの写真は撮るのを忘れてしまった。
IMG_0064

ジャズルーム。
IMG_0050

突き当たりの窓から見える薪は穴窯で焼き締めの陶器を焼き上げるもの。
マスターは陶芸家でもあるのです。
IMG_0082


IMG_0049

マスター。 
IMG_0072
 

ブルーノート 木・金・土

音楽とオーディオを愛する仲間4人と、
入間市にあるジャズ・カフェ「ブルーノート 木・金・土」に行ってきました。
このお店は所沢市にあるウエスタンラボというオーディオショップの直営店。
モノスゴいオーディオ装置(装置機器オンチのぼくでもそれと判る)でCDとLP
のジャズを聴かせてくれる。就中、オリジナルLPの再生音はすばらしい。
唯一掛けてくれた「Quiet Kenny」で一聴瞭然だった、のだが・・
普段のメインはCDのようでブルーノートのオリジナルLPはなんと別部屋。
それらが聴けないなんてワザワザ来た甲斐なし、残念!じゃった、というより
宝が持ち腐れしているようで(言い過ぎかな)モッタイナイことこの上ない気がした。
極上の装置とオリジナルLPの出会いによってもたらされる豊潤な刻を味わいたかったね。

IMG_0106

IMG_0107

IMG_0111


 
記事検索