小布施のジャズ喫茶 BUD

♪日々好音の米蔵空間で薫り高い神戸萩原の炭火焙煎コーヒーを♪

BUD ジャズライブ

海野雅威トリオ

  海野雅威トリオ 
   2015/11/11(水)19時スタート
     小布施 BUD  026-251-4033
    
     IMG
 

浜崎航ミーツ松本茜トリオ

浜崎航ミーツ松本茜トリオ

2015年8月4日(火) 小布施 BUD
前売4000円 当日4500円 1ドリンク付
OPEN 18時  START 19時

 2015 BUD

Bud Jazz Live 吉田賢一トリオ

Bud Jazz Live 吉田賢一トリオ
秋の夜長を大人のジャズで♪

11月26日(水) 
OPEN18:00  START19:00
 会場 小布施 BUD   026-251-4033
  チケット 前売り 3,500円   当日  4,000円(ドリンク付き)

IMG
 

Bud Jazz Live 海野雅威(ウンノタダタカ)トリオ

海野雅威トリオ
日時  11月15日土曜日 19時開演
場所  小布施 BUD 026-251-4033(電話予約受付中)
                           ◎営業時間 11時から18時  ◎定休日 毎週月・火曜日
料金  前売り 5500円 当日 6000円(ドリンク付き)
Tadataka Unno 海野雅威   ピアノ
「日本のジャズシーンで培われ、世界で活躍する日本の誇るジャズピアニスト!」
1980年8月15日、東京生まれ。鈴木良雄、伊藤君子、大坂昌彦らシーンを支える多くのミュージシャンと活動し、若い世代の旗手的存在であったピアニスト海野雅威。さらにジャズのルーツ、文化を感じる為、ニューヨークに移住し現在6年目。ゼロから新たにスタートした新天地でも数々のトップミュージシャンに認められ、現在Jimmy Cobb、Clifton Anderson、Winard Harperらのバンドでレギュラーピアニストとして活動している。2013年8月、老舗名門ジャズクラブVillage VanguardでのJimmy Cobbトリオの一週間公演は大好評を博し、本場ミュージシャンの仲間入りを果たす。2014年5月に今回のニューヨークトリオと5作目のリーダーアルバムを録音。惜しまれつつ世を去ったジャズ・ピアニスト世良譲氏、アメリカではジャズ・ピアノの巨匠Hank Jones氏、テナー・サックス、フルートの巨匠Frank Wess氏が、晩年最も期待を寄せていたピアニストでもあり、CDでの共演の他、音楽のみならず人生の師として交流を深めていた。2010年5月16日、世界中の人々に愛され、最後まで音楽への情熱を燃やし続けたHank Jones氏が91年間の人生に幕を閉じる時、その最期に立ち会った。師の志を受け継ぎ、自己の音楽を追求することで本分を全うしていきたいと強く感じている。https://www.facebook.com/tadatakaunnojazz
Tadataka Unno 500

Hassan Shakur ハッサン・シャコー  ベース
「50年以上に渡りスイングし続ける、まさに職人ベーシスト!」
1956年4月15日、ロサンゼルス生まれ。父はジャズピアニスト、Gerald Wiggins。父の手ほどきを受け、4歳の頃からベースを始める。当時は背丈よりもベースが大きかったため、椅子の上に立って演奏していた。12歳の時全米を風靡したCraig Hundleyトリオのベーシストとしてプロデビュー。Johnny Carsonショーをはじめ様々なテレビ番組に出演する。18歳にして名門デューク・エリントン・オーケストラのメンバーとして活動を始め現在に至るまで、30年以上に渡りバンドを支え続けている。これまでにGerald Wigginsをはじめ、Errol Garner, Ella Fitzgerald, Sarah Vaughn, Billy Eckstine, Dizzy Gillispie, Milt Jacksonなど様々なミュージシャンと共演。また長年に渡りMonty Alexanderのレギュラーベーシストとして、世界中をツアーしている。Jimmy Blanton, Ray Brownの正統な流れを汲むそのベースは強力にスウィングし、歌心溢れるメロディの中にもユーモアがあり聴く人を魅了している。
_MG_9805

Jerome Jennings  ジェローム・ジェニングス  ドラムス
 “I Love to Groove!”
1980年10月28日、オハイオ州クリーブランド生まれ。シンプルでいて印象深い彼のドラムを聴いた事があるだろうか?彼の生み出すビートと静寂にはすべてに意味があり、常に聴くものの想像力を掻き立て感情に訴える。2004年にRutgers Universityを卒業後、2007年にJuilliard Schoolにて修士号を取得。今までの共演者はSonny Rollins, Hank Jones, Ray Charles, Benny Golson, Ernestine Anderson, Houston Person, Wynton Marsalis, Christian McBrideなど数知れず、現在はDee Dee Bridgewaterバンドなどで世界中を忙しくツアーする他、Jazz at Lincoln Centerで子供達に音楽の楽しさを伝える活動も積極的に行っている。ジャズシーンの未来を嘱望される筆頭ドラマー。
 
190705_517468517570_6987020_n
 

BUD JAZZ LIVE KAZUE PATTON vocal チケット完売

チケット完売、
満席となりました。
御礼申し上げます。

BUD JAZZ LIVE
6月14日(土)
OPEN  18:00
START   19:00
JEB PATTON piano
KAZUE PATTON vocal
CHARG 3,000yen
小布施 BUD
TEL  026-251-4033
IMG_0002
IMG_0001

 

ジャズライブが終わって

今が旬という言葉がピッタリな【BIG CHTCH】の
楽しい!!!!ライブが無事終わりました。
始まりからアンコールが終わるまで、
すばらしい演奏を聴いて盛り上げてくれたお客さんと、
ミュージシャンの熱演に心から感謝です。
才能ある四人のさらなる成長と益々の活躍を
期待し祈りつつ、いつの日か再会できることを。

IMG_0035

IMG_0038

IMG_0059



楽しみなジャズライブ

《BUD JAZZ LIVE 【BIG CATCH】浜崎航with松本茜》
間近に迫ったライブはいよいよ12日木曜日。
発売されたCDを聴いて期待している方もおられるようです。
ジャズはスウィングともいわれているように、
その魅力は、演奏曲の【リズム】と【メロディ】に合わせ、
思わず身も心も揺れ弾んで聴く音楽です。
そして心に迫るジャズの音色【ブルース】
しかしCDそのままに音符をなぞった演奏はジャズではありません。
なによりもジャズがジャズと言われる所以は、
千変万化するスリリングで熱気あふれる【即興演奏】にあるのです。
今回はどんなジャズを演奏してくれるか本当に楽しみなライブです。

BUD JAZZ LIVE 【BIG CATCH】浜崎航with松本茜

BUD JAZZ LIVE 【BIG CATCH】
日本人離れしたブルースフィーリング!
洗練されたストレートなモダンジャズのプレイをお楽しみに!

IMG
IMG_0001

中村健吾ライブが終わって

よかった!ホントによかった!!
ステイシー・ディラードの穴を
中川英二郎さんが完全に埋めてくれました。
健吾さん曰く「禍転じて福となす」
トロンボーンは初めてのバド、どんな演奏が・・・。
大きな音なのに、中川さんの音はうるさくない!
優しく温かく柔らかで力強さもある。
ジャズ、クラシックからドラマの映像バックなど、
様々なシーンで活躍する中川さんは1975年生まれ
とまだ若いけれど、音楽一家に育ち、DNAプラス才能
を幼少より発揮して、そのキャリアはすでに長く、
「音楽家」と呼ぶにふさわしい人でした。
急遽駆けつけてくれた中川さん。
それを可能にした健吾さんの力は大したものだと感心しました。
そしてなにより嬉しかったのは、
バド始まって以来の最高に楽しいライブを、
心ゆくまでお客さんと共に出来たことでした!
また健吾さんの、「
ステイシーの演奏を楽しみにしてくださっていた皆様、
申し訳ありません。彼の分まで一音に魂を込めて演奏をします」
と言ったその言葉通り、健吾さんを始め皆さんがそうした思いで
最高のパフォーマンスを見せてくれました。

 
DSCN4585

ライブのメンバー変更

11月3日のBUDジャズライブ「中村健吾カルテット」
大変申し訳ございませんが、メンバーの変更がございます。

ステイシー・ディラードにかわり、中川英二郎が出演いたします。
なにとぞご理解ご了承たまわりますよう、お願い申し上げます。
詳しくは中村健吾のHPをご覧下さい。
http://kengonakamura.com/
中村健吾さんのメッセージ
<お知らせとお詫び>
ステイシー・ディラードの来日が諸事情で遅れております。
10/27〜30は川嶋哲郎(Ts)、
10/26・11/1〜4のライブは中川英二郎(tb)が
ステイシーに代わってツアーを行います。
ステイシーの演奏を楽しみにしてくださっていた皆様、
申し訳ありません。
彼の分まで一音に魂を込めて演奏をします。
記事検索