小布施のジャズ喫茶 BUD

♪日々好音の穀蔵空間で薫り高い神戸萩原の炭火焙煎コーヒーを♪

クラシックレコード

休日はクラシック

休日はクラシックを聴くことが多いこの頃。
最近の趣味はシュナーベル、フィッシャーといった
一昔いや二昔前のSPレコードに録音した時代のピアニスト。
本来はSPを聴きたいとこなんですが、その音は格別ですからね。
しかし、そこには踏み入れないようにしています。
ということで聴くのは復刻のLPでフランスのパテ盤が多い。
復刻CDの音は聴くけど好きになれない。

さて、あれこれと聴いている中で最近最も印象に残ったのは、
ブルーノ・ワルターのピアノと指揮による2曲の演奏。
【Bruno Walter, 1876年9月15日-1962年2月17日、ドイツ出身】

1.1937年録音(61歳)モーツァルト ピアノ協奏曲20番
  BBCシンフォニー オーケストラ
2.1936年録音 モーツァルト 交響曲38番“プラハ”
  ウイーン フィルハーモニー

ピアノ協奏曲からはピアノの妙なる調べが響いてきて、
これが音楽というものなんだ!
思わずそう肯ずいてしまいました。
優美さと躍動感に溢れています。

交響曲38番“プラハ”は同じワルター指揮59年コロンビアSOの
演奏に魅力を感じていなかったので、音楽の響きと雰囲気を
感じさせてくれるウイーンフィルとの演奏は、実に新鮮でこの曲の
素晴らしさを初めて知ることが出来た。

またこの様な往年の雰囲気をよく伝えてくれるスピーカー、
RCAフラワーボックス(1928年製)、ジェンセンDA7(1930年代)
の存在価値も忘れてはならないと思いました。

“故きを温ねて新しきを知る”ですね。

DSCN2243





グールドは楽しい

グールドは楽しいそして面白い。というワケでこの頃クラシックをよく聴いています。グールドといえば、まずバッハなんでしょうが、ベートーヴェン、モーツァルト、ハイドン、ブラームスなど、これはと思ったものは何でも聴いています。グールドの演奏は譜面という材料を自分の感性とアイディアで音味や音色を調理し“プレイ”している。この感じが好きですね。一流の演奏家はみんなやっていることでしょうが、グールドはグールドだけの天分でもって、とことん自分の世界で“プレイ”している。僕はこの音楽の美味しさたっぷりの味が好きだなあ。あの世で二人語り合いながらバッハもニコニコ聴いているような気がします。あッ、お客様です。「今日はクラシックですか」「えェッ、次はジャズを」(笑い)
記事検索