小布施のジャズ喫茶 BUD

♪日々好音の米蔵空間で薫り高い神戸萩原の炭火焙煎コーヒーを♪

ギャラリーBUD

近藤しろう作陶展

近藤しろう作陶展2015

IMG
IMG_0001


 

寺口太三油絵展

 寺口太三油絵展

 7月16日(木)~7月31日(金)

IMG

FUJIIさんのジオラマ『飯山線冬景色』

飯山線は千曲川(信濃川)に沿って豊野駅から越後川口駅までの31区間を、
約3時間半かけて走るJRの地方鉄道です。
長野と新潟県境の森宮野原駅では1945年(昭和20年)2月12日に7.85mの積雪を記録。
JR日本最高積雪地点になっています。
未だ乗車の夢は叶っていませんが、廃線になる前にのんびり行きたいと思っています。

このジオラマの実物を見ると、先ず雪木立が林立する様が目に入ってきます。
藤井さんは「ぼくのジオラマは立体絵画だとおもっています」と、そう言われるように、
この木立を見たとき、東山魁夷が描く森の風景を連想しました。

暑さに向かう季節に涼しさを誘うジオラマを楽しんでください。

IMG_0023
IMG_0008


IMG_0013


IMG_0010


IMG_0009


IMG_0014

 

FUJIIさんのジオラマ「旧JR長野駅」

FUJIIさんのジオラマ「旧JR長野駅」

油絵なら100号の大作です。
FUJIIさんは常々ご自分の作品を「立体油絵」といっています。
既製品は車と鉄道車両、フィギュアの人形はそのまま使わず
ほとんど塗り直しています。
そのほかは全て手作りして彩色してあります。
本体土台寸法は900×450。
バドの展示は6月8日(日)迄です。
見学は無料です。
どうぞご覧にお越しください。

IMG
                            信濃毎日新聞の記事

IMG_0051

IMG_0068

IMG_0086

IMG_0074

IMG_0077

IMG_0071


FUJIIさんのジオラマ「おらんちの桜満開だ」

カウンターに置いてあるFUJIIさんのジオラマが
冬から春に、一足早く満開の桜になりました。

IMG_0007

IMG_0021

IMG_0009

IMG_0010

長野市の開花予想は4月11日。
いつまでも寒いと思っていたのにね。
あっという間に3月も半分終わり、
やっと暖かさを感じる春になりました。

~今日の天声人語から~
寒かった冬の罪滅ぼしか、春に巻物絵師は各地で急ぎ足である。
きょうは彼岸の入り。「暑さ寒さも彼岸まで」・・・・と。

朝比奈克文2013新春作陶展

朝比奈克文 新春作陶展 1月12日~2月3日

IMG_0001

通年常設している朝比奈さんの陶器は使いやすい日常の器。
それが個展となると作家魂モリモリといった作品が出現する。
日常の顔と、作家としての力量を顕わにする非日常の顔。
しかし、どの作品のむこうにも朝比奈さんの笑顔がある。

IMG_0002

FUJIIさんのジオラマ「クリスマスツリー」

雪ダルマの予報が一日延ばしにずれ込んで、
やっと昨日の夕方から舞い降りてきた雪。
勢いを増すことなく、それでも今日は休まず
時には積もるかと思うほどでしたが、
夕暮れまでチラホラ降り続いていました。

今頃、家々ではクリスマスツリーの飾り付けを
行い、イルミネーションを楽しんでいる方も
多いことと思います。

BUDはFUJIIさんが作ってきてくれた
ジオラマの「クリスマスツリー」をカウンターに置きました。
雪道を走ってきた車に付いた雪やツリーから落ちて溜まった跡など、
いつもながらリアルな描写に見入っています。

PC132914


PC132911

アジサイ

梅雨の花、紫陽花が盛りです。
紫陽花は漢名、なんでも白居易が別の花につけた名を
間違って付けてしまったとか。
原種は青紫色、そして学名は「水の容器」という意味だそうです。

僕が好きなのは青紫のガクアジサイ。
BUDの真向かいにある皇大神社に咲いています。

P7131737

大津市の中二男子生徒がいじめで自殺した事件。
戦後経済成長で年取った世代(校長・教育長)の関心事は、
ただ自己の欲と利益のみで、面倒くさいことはみて見ぬふりを決め込んでいる。
社会的無責任はもとより、大人としての持つべき心が崩壊している。
日本を覆う恐ろしい心の病『欲ボケ』は高い地位や持つものほどひどい。
この病が深刻なのは、指導的立場にある者がこの事態を認識していない。
さらに深刻なのは、分かっていて知らぬふりをいている。
そして最悪質なのは、諸事件が発せする背景と原因を、
持たざる者達と中国、韓国などの国の所為に責任転嫁していることだと思います。

国が滅ぶのは、権力支配者達の堕落と驕慢そして倫理道徳の退廃にあるのは
歴史の示すところです。歴史はどんな言い訳も通用しません。
信用を失った人たちが上層にゴロゴロ居すわっている日本の現状。
そういう社会を見ながら子供達(小中学生)は友情と公正、希望をどう育んでいくのでしょうか。

FUJIIさんのジオラマ⑦「かんてんぱぱ・小布施店」

FUJIIさんのジオラマ⑦「かんてんぱぱ・小布施店」完成!

「わあー」思わず歓声が上がりました。
来る人来る人、見ては「わあー」と。
素晴らしい出来上がりです。

DSCN2126

DSCN2127

DSCN2130

DSCN2131

DSCN2134

朝比奈克文 作陶展

IMG_0001
記事検索